ジャガー、SUVコンセプト車を日本で初公開

2014.06.18 自動車ニュース
「ジャガーC-X17」
「ジャガーC-X17」

ジャガー、初のSUVコンセプト車「C-X17」を日本で初公開

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年6月17日、2013年秋のフランクフルトモーターショーで公開した、ジャガー初のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)のコンセプト車「C-X17」を国内で初公開した。6月18日に東京・青山のスパイラルガーデンで展示するほか、6月22~23日には大阪・梅田のグランフロント大阪でも展示する。

「リキッドゴールド」に塗られたこの「C-X17」は、2013年11月に広州モーターショーで披露された後、日本にやってきた。
「リキッドゴールド」に塗られたこの「C-X17」は、2013年11月に広州モーターショーで披露された後、日本にやってきた。
アルミの新アーキテクチャーは、まずは2015年に新型「XE」セダンで市販される予定。
アルミの新アーキテクチャーは、まずは2015年に新型「XE」セダンで市販される予定。
グローバルブランド・マネジャーのアンナ・ギャラガー氏。
グローバルブランド・マネジャーのアンナ・ギャラガー氏。

■アルミの次世代アーキテクチャーを採用

C-X17の最大の特徴は、英ジャガーカーズが次世代の軽量化技術として開発したアルミニウム合金製の新モノコックアーキテクチャー、iQ[Al]を採用していることだ。これまでにもジャガーはアルミニウム製のアーキテクチャーを高級車種の「XJ」や、2人乗りスポーツカーの「Fタイプ」などに採用してきているが、新アーキテクチャーはモジュールを用いたフレキシブルな構造を採っており、異なるクラスの車種に共通のアーキテクチャーを適用することを可能にしたほか、より軽量で、強度・剛性も高めているという。

この新アーキテクチャーは、ジャガーが2015年に発売を計画している新開発のC/Dセグメントの新型セダン「XE」にまず採用される予定だ。XEは、ダイムラーの「メルセデス・ベンツCクラス」やBMWの「3シリーズ」などと競合する車種だが、このクラスのプレミアム車としては初めて、総アルミニウム合金製の車体を用いることになる。

今回国内で初めて公開したC-X17は、コンセプト車ではあるが、ジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部ディレクターの若林敬市氏は今回のC-X17の報道関係者向けイベントで「そう遠くない将来に実際のクルマになって出てくるだろう」と語る。

また、今回の発表イベントに合わせて来日したジャガーのグローバルブランド・マネジャーのアンナ・ギャラガー氏は、想定するC-X17の競合車種として、ポルシェの「マカン」、BMWの「X4」などを挙げており、SUVでありながらも、オフロード性能を重視した車種というよりは、よりデザインやスポーティーさを重視するユーザーを想定したモデルとなっている。

「C-X17」のインストゥルメントパネル。
「C-X17」のインストゥルメントパネル。
乗車定員は5人、後席は3人掛けとなる。2013年9月のフランクフルトモーターショーで公開された青い「C-X17」の乗車定員は4人(後席は左右独立式の2座)だった。
乗車定員は5人、後席は3人掛けとなる。2013年9月のフランクフルトモーターショーで公開された青い「C-X17」の乗車定員は4人(後席は左右独立式の2座)だった。
インテリア担当チーフデザイナーのサンディ・ボーイズ氏。
インテリア担当チーフデザイナーのサンディ・ボーイズ氏。
ボディーサイズは全長4718×全幅1959×全高1649mmと、幅の広さが特徴的。ホイールベースは2905mm。
ボディーサイズは全長4718×全幅1959×全高1649mmと、幅の広さが特徴的。ホイールベースは2905mm。

■シンプル&モダン路線のインテリア

C-X17の外観デザインは、ヘッドランプ形状やフロントグリル周りに、高級セダンのXJや「XF」と共通性を持たせる一方で、リアフェンダーの盛り上がりや、テールランプの形状は、Fタイプとの類似性を感じさせるものとなっている。このように、外観デザインは、C-X17がジャガーファミリーの一員であることをひと目で認識させるものとなっているが、一方でインテリアはこれまでのジャガー車とはまったく異なるシンプルでモダンな仕上げを採用した。

インテリアデザインの狙いについて、C-X17を担当したジャガーのアドヴァンスト・デザイン部門所属インテリア担当チーフデザイナーのサンディ・ボーイズ氏は「軽量な新開発のアーキテクチャーを採用していることを表現するために、ライトでシンプル、かつモダンな仕上げとした。ただし、それでチープにならないように、英国の伝統的なクラフトマンシップを融合することで、プレミアムさを表現した」と語る。

例えば、5人分用意されるシートは、室内スペースを有効に活用するために薄く設計されているが、英国のレザー専門メーカーとして有名なコノリー社製のレザーを用いた、タンと黒色のツートンカラーで、背中や腿(もも)に当たる部分には、ブローグ(靴などに施すパンチング)を型抜き整形することで、品質感を高めている。

また室内のセンターコンソールからリアシートまでクルマのセンタートンネルに設置した「インタラクティブ・サーフェス・コンソール」には相互接続した複数のタッチスクリーンが収められている。例えば、クルマに戻ってきたユーザーが、外で撮ってきた写真をコンソールに取り込むと、他の乗員とその写真を共有できるほか、フェイスブックやツイッターなどにアップロードすることも可能だ。

ただ、非常に完成度が高くすぐにも商品化できそうな外観デザインに対して、インテリアはコンセプト車としての「演出」が多く、商品化の段階ではかなり変更されそうだ。実際、グローバルブランド・マネジャーのギャラガー氏も、今回のインテリアテイストが市販車に反映されるかどうかについて「今の段階ではっきりしたことは言えない」と明言を避けた。

(文=鶴原吉郎/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーFペース(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.5.12 試乗記 ジャガー初のSUVとなる「Fペース」が、いよいよ公道へと躍り出た。では、実際に乗ってみたら……? 日本への導入が予定されているディーゼル車とガソリン車に、アドリア海に臨むモンテネグロで試乗。その印象を報告する。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る