第77回:フランス車が速すぎるのは……彼のせい!?
『ラストミッション』

2014.06.19 エッセイ

ケヴィン・コスナーもオヤジになる

ケヴィン・コスナーといえば、いい男の代表だ。『アンタッチャブル』では不退転の決意でマフィアを追い詰める正義の警官を、『ボディガード』では命を狙われる女性歌手を守りぬく元シークレットサービスの男を演じ、世の女性たちをとりこにした。ニヤついた派手なモテ男ではなく、彼はいつだってストイックで自己犠牲をいとわない。男から見ても、魅力的なキャラクターだ。

最近はさらにアブラが抜け、いい感じのオヤジに変わりつつあった。『カンパニー・メン』での大工の棟梁(とうりょう)、『マン・オブ・スティール』での農夫、どちらも年輪を重ねて人生の終章を迎えた男だ。陰影を刻んだ表情が印象に残る。もうアクションものは卒業したとでもいうように、穏やかで物静かな役が連続していた。そこに今回の作品『ラストミッション』である。彼が演じるのはCIAの敏腕エージェントで、核兵器を扱う死の商人を始末するよう指令を受けている。世界を救うため、身の危険を顧みずに戦うのだ。今年で59歳、まだまだ老けこむ年ではない。

とはいえ、若い時と同じように軽々とアクションをこなすのでは、リアリティーがない。イーサン・レナー(コスナー)は、いつもせきをしているし敵を追跡すれば息切れする。ついには、格闘中にめまいに襲われて倒れてしまう。医者に行くと、余命3カ月だと宣告された。末期ガンに冒されていたのだ。

病気よりもっと厄介なのが、16歳の娘ゾーイだ。ミッション遂行中に電話をかけてきて、今日は誕生日だから『ハッピーバースデイトゥーユー』を歌えなどとムチャぶりしてくる。最後の時を一緒に過ごそうと久しぶりに会ってみても、再会を喜ぶでもなくよそよそしいそぶりだ。年頃の娘にとっては、うざいオヤジに違いない。演じるのは、『トゥルー・グリット』で父の復讐(ふくしゅう)に向かう少女マティ・ロス役で評判をとったヘイリー・スタインフェルドである。あのけなげな女の子も、パリで高校生活をエンジョイしていればどうしたってそこそこマテリアルなガールになってしまう。

(C)2013 3DTK INC.
(C)2013 3DTK INC.

第77回:フランス車が速すぎるのは……彼のせい!?『ラストミッション』の画像

第77回:フランス車が速すぎるのは……彼のせい!?『ラストミッション』の画像

第77回:フランス車が速すぎるのは……彼のせい!?『ラストミッション』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。