充実装備の「マツダ・フレアワゴン」登場

2014.06.19 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴンXSリミテッド」
「マツダ・フレアワゴンXSリミテッド」 拡大

「マツダ・フレアワゴン」に充実装備の特別仕様車

マツダは2014年6月19日、軽スーパーハイトワゴンの「フレアワゴン」に特別仕様車「XSリミテッド」を設定し、同日販売を開始した。

フレアワゴンは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している「スズキ・スペーシア」の姉妹モデルである。

今回の特別仕様車は、フレアワゴンの上級グレード「XS」をベースに、内外装をドレスアップするとともに、快適装備を強化したものである。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」に、XSリミテッドの専用色「スチールシルバーメタリック」「アーバンブラウンパールメタリック」を加えた計4色の設定となる。

主な特別装備の内容は以下の通り。

・後席右側ワンアクション電動スライドドア(挟み込み防止機構付き)
・ディスチャージヘッドランプ(オートライト機能付き)
・スーパーUV&IRカットフロントドアガラス
・運転席&助手席シートヒーター(※FF車のみ。4WD車は運転席シートヒーターがベース車に標準装備)
・リアヒーターダクト(※FF車のみ。4WD車はベース車に標準装備)
・助手席バニティーミラー
・ステアリングオーディオスイッチ
・フロント&リアアンダースポイラー
・サイドアンダースポイラー
・ルーフエンドスポイラー
・ドアミラーLEDターンランプ
・「スチールシルバーメタリック」塗装アウタードアハンドル
・14インチアルミホイール
・ブラック基調のインテリアカラー
・専用ファブリックシート表皮&ドアトリム表皮
・メーター変更(フレアワゴン カスタムスタイル仕様)
・シルバー加飾パーツ(オーディオガーニッシュ、ドアアームレスト、インサイドドアハンドル)
・メッキシフトノブスイッチ

価格は、FF車がベース車より10万2600円髙の151万7400円。4WD車は同9万9360円髙の163万5120円。

(webCG)

関連キーワード:
フレアワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ 2017.12.22 自動車ニュース マツダは2017年12月22日、「フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良し、2018年2月8日に発売すると発表した。スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム」の姉妹モデルにあたる。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
ホームへ戻る