【スペック】全長×全幅×全高=4345×1900×1165mm/ホイールベース=2560mm/車重=1380kg(乾燥重量)/駆動方式=MR/5.2リッターV10DOHC40バルブ(550ps/8000rpm、55.0kgm/6500rpm)/価格=2364万9360円(テスト車=同じ)

ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 トリコローレ(MR/6AT)【試乗記】

ただ速いだけにあらず 2011.12.13 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 トリコローレ(MR/6AT)
……2364万9360円

スーパースポーツ「ランボルギーニ・ガヤルド」に期間限定の後輪駆動モデルが登場。その走りを、ワインディングロードで試した。

建国を祝うランボルギーニ

「ランボルギーニ・ガヤルド」の「トリコローレ」というモデルは、1861年にイタリアが統一されてから150周年にあたる今年、それを記念して作られた限定車である。赤・白・緑の三色旗をストライプにしてあしらい、「ガヤルド」の他モデルと区別している。

バブル期には、こうしたスーパーカーが早々に日本に輸入され、自分自身、『CAR GRAPHIC』編集部に在籍していたころには、ならしや動力性能データ計測に忙しい日々を送った。中でもランボルギーニでは、「カウンタック」の限定車を計測前のならしから任され、なんだかんだと5000kmも走らせてもらった記憶がある。

思えばあの時、それとほぼ前後して別のカウンタックも納められていた。しかしそちらは販売店の社用車(?)かなにかの用途で1万kmを後にしており、ボソボソと不機嫌な音を出していた。それに引き換え、自分が担当したカウンタックは快調そのもの。使われる環境でそれ以降の性能が違ってくるかという見本でもあった。
翻っていまは、サーキット走行なども気軽に行える状況にあり、こうした高性能車が健康を維持できる環境は整えられている。

クルマの方はその後もどんどん高性能化しており、昔は300psでもすごいと思っていたのに、今では大排気量のセダンなどでも500psを超えるものはザラだ。操縦安定性獲得への対応も同様に進んでおり、公道走行のレベルでもその効果の片りんはうかがえる。四輪駆動化もまた、パワーを有効に路面に伝えるという意味で、効果的な手法だ。

「イタリア統一150周年」を記念して、2011年に限り販売される「ガヤルドLP550-2 トリコローレ」。ボンネットからリアエンドまで、イタリア国旗を模した手書きのストライプが真っすぐ伸びる。
「イタリア統一150周年」を記念して、2011年に限り販売される「ガヤルドLP550-2 トリコローレ」。ボンネットからリアエンドまで、イタリア国旗を模した手書きのストライプが真っすぐ伸びる。
ブラックで統一されたインテリア。そのドライバーズシートにも、3色のストライプが入れられる。
ブラックで統一されたインテリア。そのドライバーズシートにも、3色のストライプが入れられる。

ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 トリコローレ(MR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る