「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」

2014.06.20 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」の画像

「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす当企画。電気自動車(EV)の「BMW i3」、ハイブリッド車の「日産スカイライン」に続く今回もEV。アメリカのEVメーカー、テスラの「モデルS」に試乗する。車両価格が1000万円を超える“プレミアムEV”は、どんな走りの世界を持っているのだろうか。ミスターGT-Rがチェックする。

 
「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」の画像
テスラ・モデルS(85kWhパフォーマンス仕様)
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4978×1964×1435mm/ホイールベース:2959mm/車重:2108kg/駆動方式:RR/モーター:三相交流誘導モーター/最高出力:416ps/5000-6700rpm/最大トルク:61.2kgm/0-5100rpm/タイヤ:(前)245/35ZR21 (後)265/35ZR21/車両本体価格:1081万8000円
テスラ・モデルS(85kWhパフォーマンス仕様)
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4978×1964×1435mm/ホイールベース:2959mm/車重:2108kg/駆動方式:RR/モーター:三相交流誘導モーター/最高出力:416ps/5000-6700rpm/最大トルク:61.2kgm/0-5100rpm/タイヤ:(前)245/35ZR21 (後)265/35ZR21/車両本体価格:1081万8000円

■環境志向の富裕層向けEV

今回は「テスラ・モデルS」を取り上げます。ご存じのように、テスラモーターズは北米シリコンバレー発の、ベンチャー企業といっていい新興自動車メーカーです。ピュアEVを専門としており、2008年には、「ロータス・エリーゼ」をベースとした2シーターオープンのEV「テスラ・ロードスター」を発売し、話題になりました。

モデルSは、ロードスターからガラリと趣を変えた4ドアセダン。アメリカではすでに2012年に発売されており、今年2014年には、わが国でも納車が開始される予定です。バリエーションは「60kWhバッテリー」と「85kWhバッテリー」の2仕様があり、気になる航続距離は、前者が390km、後者が502kmと発表されています。
さらに後者には標準仕様のほか、「パフォーマンス」と呼ばれる高性能仕様が用意されます。0-100km/h加速は、標準仕様が5.6秒であるのに対し、パフォーマンス仕様は4.4秒(!)というスポーツカー顔負けの数値が挙げられています。

『webCG』が用意してくれたモデルは、85kWhバッテリーのパフォーマンス仕様。つまり最上級モデルです。素の車両価格は1081万8000円。いうまでもなくモデルSは、「経済的な電気自動車」ではなく、「環境に目覚めた富裕層」のための、アドバルーンの役割を担っています。

床一面に高性能なリチウムイオン電池を敷きつめ、アルミモノコックのボディーを持つモデルS。早速チェックしてみましょう。
(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場からNEW 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?NEW
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る