MINIクーパーS(FF/6MT)

BMW流ミニ 2014.06.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。

3代目は3ナンバー

明らかな成長ぶりを目にしてうれしく思ういっぽうで、分別を身に着けたことをほんの少し寂しくも感じる。7年ぶりにモデルチェンジした「MINIクーパーS」は、あらゆる点から見て洗練され、より成熟したことは疑いないが、だがその反面、負けず嫌いでちょっとヤンチャな自己主張のようなものが影をひそめたことについて、残念に思う向きも少なくないだろう。新しくなって性能が向上すれば皆が皆大喜び、というわけではないのが、ペットのような愛情の対象ともなる自動車の難しいところ、独特な個性を創り出してきたMINIではなおさらだ。

大人になったんだねえ、と感じさせられるのはまずそのドライビングポジションだ。私にとっては、ステアリングホイールに対して妙に低くしっくり来なかった着座位置が違和感のないものになった点が喜ばしい。新型は普通にアップライトな姿勢を取ってもステアリングホイールやペダルとの位置関係は問題なし。足元の窮屈さも感じない。従来型ではちょっと足の置き場に困ると感じていたのだが。これなら3ペダルのMTモデルを積極的に選びたくなる。ちなみに3代目の「クーパー/クーパーS」にもそれぞれ6ATと6MTの両方の仕様が用意されている。

まったく新しいプラットフォームを得た新型クーパーSのディメンションは、全長3860×全幅1725×全高1430mm、ホイールベースは2495mmである。全長は先代に比べて95mm伸び、全幅は40mm広がった結果、「ミニ」と言いながらも日本ではついに3ナンバー車に成長したことになる。数字としてはほんのわずかな、しかも日本だけのクラス分けではあるが、イメージとしてはひとつステップを上がったことになる。またホイールベースも30mm伸びたおかげで、リアシートはMINIとして初めて大人が座っても何とか過ごせるスペースを手に入れた。もちろん広いとは言えないが、もう無理やり膝の置き場を工夫する必要はない。さらにラゲッジスペースも従来型から50リッター増加して211リッターに広がった。全幅が1.7mを超えたことでもうウチの駐車場には無理、という人なら別だが、端的に言って日常的に普通に使えるBセグメントモデルに生まれ変わったと言えるだろう。

日本での販売開始は2014年4月。現時点でラインナップされているのは「クーパー」と「クーパーS」の2機種。
日本での販売開始は2014年4月。現時点でラインナップされているのは「クーパー」と「クーパーS」の2機種。
MINIならではのデザインアイコンを引き継ぎながら、各所に“再解釈”が加わっている。
MINIならではのデザインアイコンを引き継ぎながら、各所に“再解釈”が加わっている。
試乗車は6段MT仕様。
試乗車は6段MT仕様。
トランクは従来型より51リッター広い211リッター(VDA法)。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます)
トランクは従来型より51リッター広い211リッター(VDA法)。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます)

MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る