クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)

名馬に癖あり? 2014.07.01 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。

正体不明のスポーツモデル

「取材前日にピックアップをしてください」という指示で、すでに薄暗くなった編集部の駐車場を訪れた際、初めて目にしたこのモデル。その姿を前に、それが一体“何”なのか、一瞬で判断することはできなかった。

リアに回れば、(そのエンブレムから)かろうじてヴィッツであることは確認できる。が、ベース車両に対して大幅なイメージチェンジを企てたフロントマスクからは、そんな出自を知ることは、もはやほとんど不可能だ。
ノーズ先端からは、本来そこに与えられるはずのブランドマーク(ヴィッツの場合、扱いチャンネルであるネッツ店を示す「N」の文字をデフォルメしたもの)まで外されている。そこまでして、自らの血統を封印したいのだろうか!?

そもそも、「G's」というサブブランド(?)が意味するところも、今ひとつ分かりにくい。それは“G SPORTS”の略号であり、どうやら「トヨタのスポーツ系チューニングモデルに与えられるネーミング」らしいことは理解されよう。しかし、そうなると今度は、「TRD」や「モデリスタ」など今まで耳にしたことのあるブランドの狙いとの違いが、分かりにくくなってしまうのだ。

ゆえにこのモデルは、自身の立ち位置を秘匿しないとやりにくいということなのか……初めて実車を前にして、そうした考えばかりが思い浮かぶのだった。

「G's」とは、トヨタが手掛ける“スポーツコンバージョン車”「G SPORTS」の通称。ベースモデルと同様に、工場のライン生産でコストを抑えながらも、専用のシャシーセッティングやドレスアップで走りの楽しさが追求されている。写真の赤いパーツは、専用のエンジンスタートボタン。
「G's」とは、トヨタが手掛ける“スポーツコンバージョン車”「G SPORTS」の通称。ベースモデルと同様に、工場のライン生産でコストを抑えながらも、専用のシャシーセッティングやドレスアップで走りの楽しさが追求されている。写真の赤いパーツは、専用のエンジンスタートボタン。
    拡大
ノーマルの「ヴィッツ」と大きく異なるフロントまわり。専用デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプが与えられる一方で、エンブレムは装着されない。
ノーマルの「ヴィッツ」と大きく異なるフロントまわり。専用デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプが与えられる一方で、エンブレムは装着されない。
    拡大
ボディーカラーは、テスト車に見られる白系のほか、灰、黒、赤、紫、黄、青を加えた計7色から選べる。
ボディーカラーは、テスト車に見られる白系のほか、灰、黒、赤、紫、黄、青を加えた計7色から選べる。
    拡大
インテリアの様子。ステアリングホイールやシートのみならず、カーボン調パネル(助手席前方)やブラックのスイッチベース(ドア内側)、メッキ調スピーカーリング、アルミペダルなど、多くのドレスアップアイテムで飾られる。オートエアコンと盗難防止システムは、「スマートパッケージ」ならではの装備。
インテリアの様子。ステアリングホイールやシートのみならず、カーボン調パネル(助手席前方)やブラックのスイッチベース(ドア内側)、メッキ調スピーカーリング、アルミペダルなど、多くのドレスアップアイテムで飾られる。オートエアコンと盗難防止システムは、「スマートパッケージ」ならではの装備。
    拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

チープな感じはどこへやら

現行型ヴィッツについては、2010年末のデビュー時期から逆算すれば、リーマンショック直後の厳しい頃が“仕込み”の真っ最中であったであろうことが、容易に想像できる。しかし、確かにそうした事情はあったにしても、インテリア各部の質感などには先代モデル以上のチープさが目立ち、走りの仕上がりにも特に見るべき部分はなかったというのが、デビュー当初のヴィッツに対する印象だった。

ところが、そんなあまり芳しくはない記憶を胸にドライバーズシートに乗り込んでの第一印象は、「あれ? ヴィッツってこんなによくできていたっけ……?」というものだった。

G'sという“特別なモデル”ゆえ、スエード調素材が用いられたフロントシートや革巻きステアリングホイール、専用加飾が与えられたダッシュボードやドアアームレスト部など、多くの専用アイテムがおごられているということもあるだろう。
しかし、そうした上乗せポイントを差し引いたところで、インテリア全般の質感が明らかに向上していることは、後日“ノーマルの最新型ヴィッツ”に触れる機会があった際にも再度認識できた。

ここまでやれるのならば、どうして最初からそうしてくれなかったのか……。今となってはそんな思いは湧くものの、もはやその見た目・質感で特にケチを付けたくなる部分は姿を消したというのが、最新ヴィッツである。
ただひとつ、これもG'sの専用アイテムとして用意される、6200rpmからレッドラインとなるタコメーターを中央に据えたシルバーベースの3連メーターが、夜間、目盛りに赤い照明が入るため少々読み取りづらいのは難点だが。

赤い差し色が目を引く、専用のスポーツシート。表皮は、スエード調のスキンと合成皮革からなるコンビタイプ。
赤い差し色が目を引く、専用のスポーツシート。表皮は、スエード調のスキンと合成皮革からなるコンビタイプ。
    拡大
アナログ式の3連メーターは、中央が回転計で、左が速度計、右が燃料計。シルバーの盤面が個性を主張する。
アナログ式の3連メーターは、中央が回転計で、左が速度計、右が燃料計。シルバーの盤面が個性を主張する。
    拡大
ブーツ部分に赤と銀のステッチが入れられるシフトレバー。今回のテスト車はMT仕様だが、他にCVT仕様もラインナップされる。
ブーツ部分に赤と銀のステッチが入れられるシフトレバー。今回のテスト車はMT仕様だが、他にCVT仕様もラインナップされる。
    拡大
荷室の様子。リアシートは6:4の分割可倒式で、背もたれを前屈させることにより収納量を増やすことができる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の様子。リアシートは6:4の分割可倒式で、背もたれを前屈させることにより収納量を増やすことができる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
    拡大

リファインすべき点もある

ブレーキペダルを踏みながらスターターボタンを押しているのに、エンジンが掛からない……のは、実は今回テストしたモデルがMT仕様だから。
そのシフトフィールは「抜群」とまではいかないし、現状の5段を6段仕様へと格上げしてほしい気持ちになるのだが、それでもこうしてMTが選べるだけ幸せと言わなくてはいけないのが、今の日本なのかもしれない。

ただ惜しいのは、クラッチのミートポイントが今ひとつつかみづらかったことで、時に狙いよりも高い回転数でつながったり、逆に低い回転数にとどまってストール気味となったり。しばらく乗るうちに、どうやらそれは、アクセル操作に対するピックアップが鈍いため、結果として「回転が遅れて高くなり過ぎる傾向がある」という、コントロール性の甘さによるものと気が付いた。また、回転落ちが鈍いのも、スポーティーモデルの心臓としてはちょっと残念な性質だ。

今回、シリーズ中の1リッターと1.3リッターエンジンには大幅なリファインが施されたものの、このモデルが搭載する1.5リッターエンジンは、ほぼ手付かずの状態。結果、昨今のユニットとしては今ひとつ“下のトルク”が厚みに欠ける感覚だし、この期に及んでアイドリングストップ機構が与えられないことにも、少々失望させられた。

残念といえば、上り坂での発進時にずり下がりを防止するデバイスが与えられなかった点もそうだ。「そんなもの、ドライビングの楽しさには関係ないだろう」と言うなかれ。本来ならば“マイナス”(後ずさり)となってしまう、発進時の初速を完全にゼロの状態にとどめることのできるこうしたアイテムは、坂道でより力強いスタートを演じるためには、思いのほか有効なものであるからだ。


トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大
山間の道を駆け抜ける。今回のテスト車は、フロント・リアともに、オプションの「G's専用スポーツブレーキパッド」を装着する。
山間の道を駆け抜ける。今回のテスト車は、フロント・リアともに、オプションの「G's専用スポーツブレーキパッド」を装着する。
    拡大

パワーユニットは、ノーマルの「ヴィッツRS」と同じ1.5リッター直4ユニット。109psと14.1kgm(CVT車は13.9kgm)のアウトプットも変わらない。


    パワーユニットは、ノーマルの「ヴィッツRS」と同じ1.5リッター直4ユニット。109psと14.1kgm(CVT車は13.9kgm)のアウトプットも変わらない。
    拡大

トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大
LED式のリアコンビランプ。スモークタイプのレンズが採用されている。
LED式のリアコンビランプ。スモークタイプのレンズが採用されている。
    拡大

驚きのフットワーク

そんなこんなで率直なところ、動力性能に関しては「大きな不満はないけれど、極上とは言い難い」という印象にとどまったものの、期待と予想を上回る仕上がりを実感させてくれたのが、そのフットワークだった。

最高出力が109psと、決してパワフルではない点に加え、ヘリカルLSDがオプション装着されていたことも手伝ってか、まず、トラクション能力に十分なゆとりが感じられるのが美点。加えて、コーナリング時は多少のロールを許すものの、路面や走行シーンを問わず“4輪が地についている”感覚がなかなか秀逸で、基本は硬めでありながらも不快さを巧みに封じこめ、時にしなやかさすらアピールする脚の仕上がりで「これがあのヴィッツのものなのか!?」という驚きすら与えてくれた。

ちなみに、このようにこれまでのヴィッツからすれば見違えるような変化が得られた背景には、ボディーのスポット溶接の増し打ちや床下補強材の大型化といった、今回のマイナーチェンジでシリーズ全車が採用した内容に加え、サスペンションアームやメンバーブレースの高剛性化、ロッカーフランジのスポット打点追加といった、このモデル専用のリファインの効果があるはずだ。

操舵(そうだ)に対しやや応答遅れが認められるシーンもあったものの、路面とのコンタクト感をそれなりに伝えてくれるステアリングフィールも悪くない。
ただし、撮影のためUターンを繰り返した際に、明確になったのが小回り性の悪さ。カタログで確認してみれば、最小回転半径は5.6mと、何と「クラウンマジェスタ」(5.3m)よりもはるかに大きい。確かに、他のグレードよりもローダウンされたサスペンションと幅広のタイヤが採用されるものの、コンパクトカーとしては、これはちょっとつらい。

このモデルに付けられたプライスタグは、214万7237円。これはなかなかリーズナブル……と思いきや、約25万円のナビゲーションシステム(ディーラーオプション)を含めた試乗車の総額は、260万円超だった。
果たして、そうした価格をどのように受け取るか? こればかりは、人によって意見が分かれそう。その点でも、このG'sは、シリーズ中最も“問題提起型”のヴィッツといえそうだ。

(文=河村康彦/写真=郡大二郎)

ワインディングロードを行く「ヴィッツRS“G's”」。ステアリング操作に対して素早く正確な挙動が得られるよう、ボディーの剛性アップが図られている。
ワインディングロードを行く「ヴィッツRS“G's”」。ステアリング操作に対して素早く正確な挙動が得られるよう、ボディーの剛性アップが図られている。
    拡大
赤いスプリングのサスペンションは、専用のチューニングが施されたもの。車高は、ノーマル比で約10mm低くなる。
赤いスプリングのサスペンションは、専用のチューニングが施されたもの。車高は、ノーマル比で約10mm低くなる。
    拡大
アルミホイールのサイズは、ベース車両の「ヴィッツRS」よりも1インチ大きな17インチ。色はノーマルのブラックに加え、オプションのダークスパッタリング(写真)もセレクトできる。
アルミホイールのサイズは、ベース車両の「ヴィッツRS」よりも1インチ大きな17インチ。色はノーマルのブラックに加え、オプションのダークスパッタリング(写真)もセレクトできる。
    拡大
定員3人の後席。前席同様、シートの表皮はコンビ柄で、赤と銀のステッチも入れられる。
定員3人の後席。前席同様、シートの表皮はコンビ柄で、赤と銀のステッチも入れられる。
    拡大
下部がディフューザー形状になっている、専用のリアバンパー。写真中央に見えるフォグランプや右寄りに見えるマフラーエンドも、G'sの専用アイテムだ。
下部がディフューザー形状になっている、専用のリアバンパー。写真中央に見えるフォグランプや右寄りに見えるマフラーエンドも、G'sの専用アイテムだ。
    拡大

テスト車のデータ

トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3980×1695×1490mm
ホイールベース:2510mm
車重:1060kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:5段MT
最高出力:109ps(80kW)/6000rpm
最大トルク:14.1kgm(138Nm)/4400rpm
タイヤ:(前)205/45R17 84W/(後)205/45R17 84W(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:--
価格:214万7237円/テスト車=266万865円(販売店装着オプション含む)
オプション装備:ボディーカラー<ホワイトパールクリスタルシャイン>(3万2400円)/G's専用アルミホイール<ダークスパッタリング>(6万4800円)/ナビレディセット<6スピーカー&バックカメラ+ステアリングスイッチ>(3万7800円)/ブレーキパッド<G's専用スポーツ>(1万9440円)/ヘリカルLSD(3万2400円)/SRSサイドエアバッグ<運転席・助手席>&SRSカーテンシールドエアバッグ<前後席>(4万3200円)/※以下、販売店装着オプション エクセレントナビ<G-BOOK mX Proモデル>(24万5700円)/ETC車載器ビルトインタイプ<ボイスナビ連動タイプ>(1万7388円)/G's専用フロアマット(2万520円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:650km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:298.2km
使用燃料:23.5リッター
参考燃費:12.7km/リッター(満タン法)/11.8km/リッター(車載燃費計計測値)

トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”


    トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”
    拡大

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事