トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)

名馬に癖あり? 2014.07.01 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。

正体不明のスポーツモデル

「取材前日にピックアップをしてください」という指示で、すでに薄暗くなった編集部の駐車場を訪れた際、初めて目にしたこのモデル。その姿を前に、それが一体“何”なのか、一瞬で判断することはできなかった。

リアに回れば、(そのエンブレムから)かろうじてヴィッツであることは確認できる。が、ベース車両に対して大幅なイメージチェンジを企てたフロントマスクからは、そんな出自を知ることは、もはやほとんど不可能だ。
ノーズ先端からは、本来そこに与えられるはずのブランドマーク(ヴィッツの場合、扱いチャンネルであるネッツ店を示す「N」の文字をデフォルメしたもの)まで外されている。そこまでして、自らの血統を封印したいのだろうか!?

そもそも、「G's」というサブブランド(?)が意味するところも、今ひとつ分かりにくい。それは“G SPORTS”の略号であり、どうやら「トヨタのスポーツ系チューニングモデルに与えられるネーミング」らしいことは理解されよう。しかし、そうなると今度は、「TRD」や「モデリスタ」など今まで耳にしたことのあるブランドの狙いとの違いが、分かりにくくなってしまうのだ。

ゆえにこのモデルは、自身の立ち位置を秘匿しないとやりにくいということなのか……初めて実車を前にして、そうした考えばかりが思い浮かぶのだった。

「G's」とは、トヨタが手掛ける“スポーツコンバージョン車”「G SPORTS」の通称。ベースモデルと同様に、工場のライン生産でコストを抑えながらも、専用のシャシーセッティングやドレスアップで走りの楽しさが追求されている。写真の赤いパーツは、専用のエンジンスタートボタン。
ノーマルの「ヴィッツ」と大きく異なるフロントまわり。専用デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプが与えられる一方で、エンブレムは装着されない。
ボディーカラーは、テスト車に見られる白系のほか、灰、黒、赤、紫、黄、青を加えた計7色から選べる。
インテリアの様子。ステアリングホイールやシートのみならず、カーボン調パネル(助手席前方)やブラックのスイッチベース(ドア内側)、メッキ調スピーカーリング、アルミペダルなど、多くのドレスアップアイテムで飾られる。オートエアコンと盗難防止システムは、「スマートパッケージ」ならではの装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る