ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】

2011.12.13 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】「ベントレー・コンチネンタルGT」に新型V8搭載

英ベントレーは、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称:デトロイトショー)に、新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「コンチネンタルGT」および「GTC」を出展する。

新開発の4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT」にふさわしい力強さを備えるだけでなく、優れた環境性能を持つのが売りだ。6リッターW12エンジンと比較して、CO2の排出量が40%削減されており、満タン状態から800kmの航続距離を可能とする燃費性能を誇るという(現時点では具体的な燃費値は未公表)。これはエンジンマネジメントシステムの改良に加え、走行中に8気筒から4気筒へと切り替える「可変排気量」システムの採用によって実現された。

一方で、最高出力は507ps/6000rpm、最大トルクは67.3kgm/1700-5000rpmに設定された。新しい8段のクロスレシオトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速は5秒以下、最高速は290km/h以上という動力性能を備えている。

このエンジンはクーペボディーの「コンチネンタルGT」のほかに、オープンボディーの「コンチネンタルGTC」にも搭載される。従来の6リッターW12エンジン搭載車も引き続き販売されるという。

(webCG 竹下)

「ベントレー・コンチネンタルGT」
「ベントレー・コンチネンタルGT」

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像
新開発V8エンジンの透視図。
新開発V8エンジンの透視図。
V8エンジンの燃焼イメージ。
V8エンジンの燃焼イメージ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る