ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】

2011.12.13 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】「ベントレー・コンチネンタルGT」に新型V8搭載

英ベントレーは、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称:デトロイトショー)に、新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「コンチネンタルGT」および「GTC」を出展する。

新開発の4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT」にふさわしい力強さを備えるだけでなく、優れた環境性能を持つのが売りだ。6リッターW12エンジンと比較して、CO2の排出量が40%削減されており、満タン状態から800kmの航続距離を可能とする燃費性能を誇るという(現時点では具体的な燃費値は未公表)。これはエンジンマネジメントシステムの改良に加え、走行中に8気筒から4気筒へと切り替える「可変排気量」システムの採用によって実現された。

一方で、最高出力は507ps/6000rpm、最大トルクは67.3kgm/1700-5000rpmに設定された。新しい8段のクロスレシオトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速は5秒以下、最高速は290km/h以上という動力性能を備えている。

このエンジンはクーペボディーの「コンチネンタルGT」のほかに、オープンボディーの「コンチネンタルGTC」にも搭載される。従来の6リッターW12エンジン搭載車も引き続き販売されるという。

(webCG 竹下)

「ベントレー・コンチネンタルGT」
「ベントレー・コンチネンタルGT」

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像

ベントレー・コンチネンタルGTに新型V8搭載【デトロイトショー2012】の画像
新開発V8エンジンの透視図。
新開発V8エンジンの透視図。
V8エンジンの燃焼イメージ。
V8エンジンの燃焼イメージ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る