キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)

正攻法の進化 2014.06.26 試乗記 新型となったキャデラックのEセグメントモデル「CTS」。居並ぶライバルたちの中に飛び込んだCTSの、プレミアムカーとしての魅力に迫った。

ライバルと真っ向勝負

随分、立派に成長したもんだなあ……というのが新型「キャデラックCTS」の第一印象だ。先代に比べて全長が一気に100mm伸ばされたことはもちろん効いているに違いないが、それ以上に感じるのは存在感が増したというか、立派に見えるようになったということである。

思えばアート&サイエンスを標榜(ひょうぼう)するキャデラックの今の路線の幕開けとなった初代CTSは、サイズこそ大きかったが位置づけとしてはBMWで言えば「3シリーズ」と「5シリーズ」の間くらいかなという感じだった。先代にしても、それは基本的に同様と言える。ターゲットとして「メルセデス・ベンツEクラス」やBMW 5シリーズを意識しながら、スポーティーさを強調するなど微妙に路線を外していたように見えたのだが、キャデラックとしてもそろそろ自信をつけてきたということか、新型ではいよいよがっぷり四つで戦っていこうと覚悟を決めたのだなと感じられたのだ。

大きくなり見栄えがグンと良くなったボディーは、一方で車両重量の100kg以上の軽減を実現している。それに貢献しているのがパワーユニットのダウンサイジングで、この車体を動かすのは「ATS」と共通の直列4気筒2リッター直噴ターボエンジンである。それもライバルたちと真正面からぶつかる選択。しかしながらスペックは最高出力276ps、最大トルク40.8kgmと、「E250」や「523i」よりも少なくとも数値上は充実している。

搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。276psと40.8kgmを発生する。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。276psと40.8kgmを発生する。

キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)【試乗記】の画像

キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る