キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)

正攻法の進化 2014.06.26 試乗記 新型となったキャデラックのEセグメントモデル「CTS」。居並ぶライバルたちの中に飛び込んだCTSの、プレミアムカーとしての魅力に迫った。

ライバルと真っ向勝負

随分、立派に成長したもんだなあ……というのが新型「キャデラックCTS」の第一印象だ。先代に比べて全長が一気に100mm伸ばされたことはもちろん効いているに違いないが、それ以上に感じるのは存在感が増したというか、立派に見えるようになったということである。

思えばアート&サイエンスを標榜(ひょうぼう)するキャデラックの今の路線の幕開けとなった初代CTSは、サイズこそ大きかったが位置づけとしてはBMWで言えば「3シリーズ」と「5シリーズ」の間くらいかなという感じだった。先代にしても、それは基本的に同様と言える。ターゲットとして「メルセデス・ベンツEクラス」やBMW 5シリーズを意識しながら、スポーティーさを強調するなど微妙に路線を外していたように見えたのだが、キャデラックとしてもそろそろ自信をつけてきたということか、新型ではいよいよがっぷり四つで戦っていこうと覚悟を決めたのだなと感じられたのだ。

大きくなり見栄えがグンと良くなったボディーは、一方で車両重量の100kg以上の軽減を実現している。それに貢献しているのがパワーユニットのダウンサイジングで、この車体を動かすのは「ATS」と共通の直列4気筒2リッター直噴ターボエンジンである。それもライバルたちと真正面からぶつかる選択。しかしながらスペックは最高出力276ps、最大トルク40.8kgmと、「E250」や「523i」よりも少なくとも数値上は充実している。

搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。276psと40.8kgmを発生する。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。276psと40.8kgmを発生する。

キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)【試乗記】の画像

キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみた
    2017.2.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • 第1回:編集部に「CTS」がやって来た
    「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート
    2017.2.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> いつもより長い時間じっくりテストして、そのクルマと過ごす毎日をさまざまな角度からリポートするのがwebCGの「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る