第243回:新緑の浅間山をバラエティー豊かなクルマが疾走
「浅間ヒルクライム2014」を動画で紹介

2014.06.25 エッセイ

日本のモータリゼーションの聖地

浅間山といえば、冬はスキー、夏は山歩きでにぎわう長野県屈指の観光地。そして実は、日本のモータリゼーションと縁の深い場所でもあるのです。

なんといっても有名なのが、1955年から1959年にかけて開催されたバイクレース「浅間火山レース」。鈴鹿サーキットの完成が1961年ですから、それより前に戦後の日本でモータースポーツが行われていたんですね。また四輪についても、浅間高原のテストコースを、日産をはじめとした自動車メーカーがラリー車などの開発に使っていたのだとか。サファリなどで猛威を振るった日本勢のマシンがここで鍛えられたかと思うと、背筋が伸びる思いがします。

このように日本の自動車史を語る上で欠かせない浅間山で、2014年6月14日、15日の2日間、公道走行イベントの「浅間ヒルクライム2014」が開催されました。開催は今年で3度目とのことですが、その3度目にして初めて、なんと公道を完全封鎖してのヒルクライム走行が実現。ついでにこちらも3度目にして初めて、見事な青空のもとでの開催となりました。

今回はその様子を動画で紹介します。

■「浅間ヒルクライム2014」(その1)

まずは、あこがれのスーパーカー、そして比較的年代の新しいクルマを集めてみました。観覧エリアの皆さんと一緒に盛り上がってください。

■「浅間ヒルクライム2014」(その2)

こちらはゴール付近の様子。気になるクルマの詳細については、同イベントのカースコープをどうぞ。そして「そんな事より、最後に走っていたあのバイクはなんだ!」という方は、ぜひ「その6」まで動画にお付き合いください。

「浅間ヒルクライム」とは、浅間山のワインディングロードで行われる公道走行イベント。ヒルクライムと銘打たれているが、市街パレードやジムカーナなど、その他にもさまざまなイベントが催されていた。写真はヒルクライムに参加した「ラディカルSR4」。
「浅間ヒルクライム」とは、浅間山のワインディングロードで行われる公道走行イベント。ヒルクライムと銘打たれているが、市街パレードやジムカーナなど、その他にもさまざまなイベントが催されていた。写真はヒルクライムに参加した「ラディカルSR4」。
会場内を「MGミジェット」と930世代の「ポルシェ911ターボ」、最新の「アバルト695トリブート フェラーリ」がすれ違う。時代感覚がおかしくなりそうな光景だ。
会場内を「MGミジェット」と930世代の「ポルシェ911ターボ」、最新の「アバルト695トリブート フェラーリ」がすれ違う。時代感覚がおかしくなりそうな光景だ。
小諸市でのパレードに向かう車列。「日産GT-R」や「トヨタ86」を従える「オースチン・ヒーレー・スプライト」の貫録に脱帽。
小諸市でのパレードに向かう車列。「日産GT-R」や「トヨタ86」を従える「オースチン・ヒーレー・スプライト」の貫録に脱帽。
バイクの駐車場には、イベントに協賛するベスパやピアッジオのほかにも、BMWにカワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハなどの大型バイクがズラリ。その割には、ヒルクライムへのバイクでの参加は少なかった。
バイクの駐車場には、イベントに協賛するベスパやピアッジオのほかにも、BMWにカワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハなどの大型バイクがズラリ。その割には、ヒルクライムへのバイクでの参加は少なかった。
会場には、イベントに協賛する多数の正規インポーターがブースを設けていた。
会場には、イベントに協賛する多数の正規インポーターがブースを設けていた。
パドックの片隅に気になるクルマを発見! オーナーいわく「今年の鈴鹿にはナイジェル・マンセルが来るんでしょう。このクルマにサインしてくれないかな?」
パドックの片隅に気になるクルマを発見! オーナーいわく「今年の鈴鹿にはナイジェル・マンセルが来るんでしょう。このクルマにサインしてくれないかな?」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ