「三菱eKワゴン」の燃費が30.0km/リッターに

2014.06.24 自動車ニュース
「三菱eKワゴン」
「三菱eKワゴン」 拡大

「三菱eKワゴン/eKカスタム」の燃費が30.0km/リッターに向上

三菱自動車は2014年6月24日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」に一部改良を実施し、6月26日に発売すると発表した。

「eKカスタム」
「eKカスタム」 拡大

今回の改良で、FFの自然吸気エンジン搭載車(NA車)に、減速時の運動エネルギーを利用して発電し、その電力をニッケル水素電池に蓄えて電装品に供給する「アシストバッテリー」を搭載した(eKワゴンの「E」は除く)。これにより、燃費性能は従来の29.2km/リッターから30.0km/リッター(JC08モード)に改善している。また、NA車ではCVTの仕様を見直し、吸気ダクトの形状を改良することで、動力性能を向上させた。

カラーバリエーションも変更しており、外装色では「レッドメタリック」を全車に採用するとともに、eKカスタムにはオプションで「ショコラブラウンパール」を用意。eKワゴンの内装色には、従来のブラック&アイボリーのツートンカラーに加え、オプションでブラックのモノトーンも選択可能とした(Eを除く)。

また、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)をeKカスタムにオプション設定した(「M」を除く)。

価格はeKワゴンが108万円~137万3760円、eKカスタムが130万5720円~159万840円。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKワゴンeKカスタム三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップ 2018.5.28 自動車ニュース 三菱自動車は2018年5月28日、予防安全性能を向上させた軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」を発表。新たに設定した特別仕様車「eKスペース アクティブギア」とともに、同日発売した。
  • 三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。
  • 日産デイズ ルークス ライダー(FF/CVT)【試乗記】 2014.5.14 試乗記 日産の軽スーパーハイトワゴン「デイズ ルークス」をベースに、オーテックが内外装を仕立てたコンプリートカー「ライダー」に試乗。使い勝手を重視するママだけでなく、パパも満足できる軽乗用車のキモとは?
  • 第99回:同業者最速(!?)ジムニー試乗 2018.7.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第99回は「同業者最速(!?)ジムニー試乗」。“チビGクラス”と注目の新型「ジムニー」に、ディーラーでいち早く試乗! カッコは? 乗り心地は? 乗り出し価格は? 気になる4AT仕様をチョイ乗りリポートする。 
ホームへ戻る