「三菱eKワゴン」の燃費が30.0km/リッターに

2014.06.24 自動車ニュース
「三菱eKワゴン」
「三菱eKワゴン」

「三菱eKワゴン/eKカスタム」の燃費が30.0km/リッターに向上

三菱自動車は2014年6月24日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」に一部改良を実施し、6月26日に発売すると発表した。

「eKカスタム」
「eKカスタム」

今回の改良で、FFの自然吸気エンジン搭載車(NA車)に、減速時の運動エネルギーを利用して発電し、その電力をニッケル水素電池に蓄えて電装品に供給する「アシストバッテリー」を搭載した(eKワゴンの「E」は除く)。これにより、燃費性能は従来の29.2km/リッターから30.0km/リッター(JC08モード)に改善している。また、NA車ではCVTの仕様を見直し、吸気ダクトの形状を改良することで、動力性能を向上させた。

カラーバリエーションも変更しており、外装色では「レッドメタリック」を全車に採用するとともに、eKカスタムにはオプションで「ショコラブラウンパール」を用意。eKワゴンの内装色には、従来のブラック&アイボリーのツートンカラーに加え、オプションでブラックのモノトーンも選択可能とした(Eを除く)。

また、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)をeKカスタムにオプション設定した(「M」を除く)。

価格はeKワゴンが108万円~137万3760円、eKカスタムが130万5720円~159万840円。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKワゴンeKカスタム三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
ホームへ戻る