「三菱eKワゴン」の燃費が30.0km/リッターに

2014.06.24 自動車ニュース
「三菱eKワゴン」
「三菱eKワゴン」

「三菱eKワゴン/eKカスタム」の燃費が30.0km/リッターに向上

三菱自動車は2014年6月24日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」に一部改良を実施し、6月26日に発売すると発表した。

「eKカスタム」
「eKカスタム」

今回の改良で、FFの自然吸気エンジン搭載車(NA車)に、減速時の運動エネルギーを利用して発電し、その電力をニッケル水素電池に蓄えて電装品に供給する「アシストバッテリー」を搭載した(eKワゴンの「E」は除く)。これにより、燃費性能は従来の29.2km/リッターから30.0km/リッター(JC08モード)に改善している。また、NA車ではCVTの仕様を見直し、吸気ダクトの形状を改良することで、動力性能を向上させた。

カラーバリエーションも変更しており、外装色では「レッドメタリック」を全車に採用するとともに、eKカスタムにはオプションで「ショコラブラウンパール」を用意。eKワゴンの内装色には、従来のブラック&アイボリーのツートンカラーに加え、オプションでブラックのモノトーンも選択可能とした(Eを除く)。

また、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)をeKカスタムにオプション設定した(「M」を除く)。

価格はeKワゴンが108万円~137万3760円、eKカスタムが130万5720円~159万840円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る