ボルボS60ポールスター(4WD/6AT)/V60ポールスター(4WD/6AT)

速さと洗練と 2014.07.03 試乗記 ボルボとそのレースパートナーであるポールスターが共同開発した「S60/V60ポールスター」。サーキットで培われた技術が注がれたハイパフォーマンスボルボを、本国スウェーデンで試した。

ボルボ-ポールスター初のコンプリートカー

フライングブリック=空飛ぶレンガの異名を取った、かつてのグループAレーシングカーである「ボルボ240ターボ」か、あるいはクリームイエローのボディーカラーも鮮烈に限定車として登場するや否や大人気となり、まさに一世を風靡(ふうび)した「850 T-5R」か、とにかくボルボに“速いハコ”的なイメージを抱いている人にとっては、最近のボルボ車のラインナップ、あるいはちょっと物足りなくも感じていたんじゃないだろうか。

そんな人たちには、まさに待望のプレゼントとなりそうな一台に、スウェーデンにて試乗してきた。そのクルマこそ、「ボルボS60/V60ポールスター」である。

ポールスターという名前自体は、ディーラーで購入できるECUチューンナップキットであるポールスター・パフォーマンス・パッケージにて、すでにおなじみだろう。実は彼らの本籍はモータースポーツシーンにある。「850エステート」で参戦して度肝を抜いた90年代のイギリス・ツーリングカー選手権に関わったのを皮切りに、一貫してボルボでレース活動を続けて今に至っているのだ。

そんな背景からすれば、クルマの外観は地味にすら見えるかもしれない。ベース車との違いはフェンダーいっぱいに収められた専用開発の20インチホイールとタイヤに前後のエアロパーツぐらい。ただし、特に後者は見た目は地味でもボルボの風洞にて開発され、ノーマルのゼロリフトに対して、最高速域ではダウンフォースを生み出すよう設計されているという。

インテリアもスパルタンではなく、むしろブラックのレザーにブルーのステッチが利いたスポーティーかつ上質な仕立てとされている。しかしながらいざ走らせてみると、これが想像以上のドライビングプレジャーで大いにうならせてくれたのだ。

「S60/V60ポールスター」のベースは「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」。前後スポイラーの形状などが変更され、空力性能が最適化されている。


    「S60/V60ポールスター」のベースは「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」。前後スポイラーの形状などが変更され、空力性能が最適化されている。
「V60ポールスター」のリアビュー。ボディーカラーは「レーベルブルー」(写真)のほか、「アイスホワイト」と「ブラックサファイヤメタリック」が設定される。
「V60ポールスター」のリアビュー。ボディーカラーは「レーベルブルー」(写真)のほか、「アイスホワイト」と「ブラックサファイヤメタリック」が設定される。
センターパネルはカーボンファイバーに。ステアリングホイールは本革とヌバック(バックスキン仕上げの人工皮革)の専用品となる。
センターパネルはカーボンファイバーに。ステアリングホイールは本革とヌバック(バックスキン仕上げの人工皮革)の専用品となる。
スポーツシートの表皮も本革とヌバックのコンビネーションとなる。
スポーツシートの表皮も本革とヌバックのコンビネーションとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】 2015.7.13 試乗記 もうすぐラインナップから姿を消すことになる、ボルボの直列6気筒エンジン搭載車。あらためて乗ってみると、このパワーユニットならではの味わいや魅力が伝わってきた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る