新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビュー

2014.06.25 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ」

新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビュー

光岡自動車は2014年6月25日、新型セダン「Ryugi(リューギ)」を発表した。2日後の6月27日に販売を開始する。


ハイブリッド車には、「トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッド」と同じパワーユニットが搭載される。
あいさつを述べる、光岡自動車の光岡章夫社長。2014年内に、さらに2種類の新型車を発売する予定だという。

(写真をクリックすると「リューギ」のさらに詳しい写真が見られます)

ミツオカの「リューギ」は、コンパクトセダン「ビュート」とフルサイズセダン「ガリュー」の中間に位置する、ミディアムクラスの新型セダン。
「トヨタ・カローラ アクシオ/カローラ アクシオ ハイブリッド」をベースにミツオカが内外装に手を加えたカスタマイズカーで、縦型ラジエーターグリルや丸型ヘッドランプ、“七宝焼”エンブレムに代表されるクラシカルな外観が特徴となっている。

カローラ アクシオをベースとしたミツオカ車としては、これまでも「ガリュー2-04」や「ヌエラ6-02」が存在したが、いずれも2012年までにカタログ落ち。リューギは、それらの後を継ぐものとなる。
ただし今回のニューモデルは、1.5リッターのガソリン車に加えて、1.5リッターエンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッド車を選べる点が新しい。
このミツオカ初となるハイブリッド車の駆動方式は、ベース車と同じFF。ガソリン車には、FFと4WDがラインナップされる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4510×1695×1460mmの5ナンバーサイズで、幅と高さはカローラ アクシオと変わらないものの、全長は150mm長くなる。

価格は、「リューギ15ST」(FF/5MT)の221万4000円から、「リューギ ハイブリッド シートヒーター付き車」(FF/CVT)の311万400円まで。
外装色は、ホワイトパールクリスタルシャイン(白)、シルバーメタリック(銀)、ブラックマイカ(黒)、ブラッキッシュレッドマイカ(赤)の4色が用意される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る