新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビュー

2014.06.25 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」

新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビュー

光岡自動車は2014年6月25日、新型セダン「Ryugi(リューギ)」を発表した。2日後の6月27日に販売を開始する。


新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビューの画像
ハイブリッド車には、「トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッド」と同じパワーユニットが搭載される。
ハイブリッド車には、「トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッド」と同じパワーユニットが搭載される。
あいさつを述べる、光岡自動車の光岡章夫社長。2014年内に、さらに2種類の新型車を発売する予定だという。
あいさつを述べる、光岡自動車の光岡章夫社長。2014年内に、さらに2種類の新型車を発売する予定だという。

新型セダン「ミツオカ・リューギ」がデビューの画像
(写真をクリックすると「リューギ」のさらに詳しい写真が見られます)
(写真をクリックすると「リューギ」のさらに詳しい写真が見られます)

ミツオカの「リューギ」は、コンパクトセダン「ビュート」とフルサイズセダン「ガリュー」の中間に位置する、ミディアムクラスの新型セダン。
「トヨタ・カローラ アクシオ/カローラ アクシオ ハイブリッド」をベースにミツオカが内外装に手を加えたカスタマイズカーで、縦型ラジエーターグリルや丸型ヘッドランプ、“七宝焼”エンブレムに代表されるクラシカルな外観が特徴となっている。

カローラ アクシオをベースとしたミツオカ車としては、これまでも「ガリュー2-04」や「ヌエラ6-02」が存在したが、いずれも2012年までにカタログ落ち。リューギは、それらの後を継ぐものとなる。
ただし今回のニューモデルは、1.5リッターのガソリン車に加えて、1.5リッターエンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッド車を選べる点が新しい。
このミツオカ初となるハイブリッド車の駆動方式は、ベース車と同じFF。ガソリン車には、FFと4WDがラインナップされる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4510×1695×1460mmの5ナンバーサイズで、幅と高さはカローラ アクシオと変わらないものの、全長は150mm長くなる。

価格は、「リューギ15ST」(FF/5MT)の221万4000円から、「リューギ ハイブリッド シートヒーター付き車」(FF/CVT)の311万400円まで。
外装色は、ホワイトパールクリスタルシャイン(白)、シルバーメタリック(銀)、ブラックマイカ(黒)、ブラッキッシュレッドマイカ(赤)の4色が用意される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リューギの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・リューギに限定モデルのヤマト登場 2015.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2015年10月22日、中型セダン「リューギ」に特別仕様車「yamato(ヤマト)」を設定し、15台限定で発売すると発表した。内装は赤と黒のツートンカラーで本革の専用シートを採用。フロントグリルやトランクには七宝焼の専用エンブレムを備えている。
  • ミツオカ・リューギのワゴンバージョン発売 2016.1.20 自動車ニュース 光岡自動車は2016年1月20日、新型車「リューギ ワゴン」を発表した。同年1月22日に、販売を開始する。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
ホームへ戻る