トヨタ、市販型燃料電池車の概要を発表

2014.06.25 自動車ニュース

トヨタ、市販型燃料電池車の概要を発表

トヨタ自動車は2014年6月25日、燃料電池車(FCV)開発の取り組みについて状況報告を行うとともに、2014年度中に発売を予定している市販型車両の概要を発表した。

今回の説明会では、FCV市販予定車のエクステリアのみ公開された。傍らに立つのは、「FCVで“水素社会”の一翼を担いたい」と語るトヨタ自動車の加藤光久 副社長。なお、FCVはあくまで燃料電池車の略称で、市販車のモデル名ではない。
今回の説明会では、FCV市販予定車のエクステリアのみ公開された。傍らに立つのは、「FCVで“水素社会”の一翼を担いたい」と語るトヨタ自動車の加藤光久 副社長。なお、FCVはあくまで燃料電池車の略称で、市販車のモデル名ではない。
FCV(市販予定車)のリアビュー。サイドの特徴的なキャラクターラインやリアコンビランプのデザインが目を引く。
FCV(市販予定車)のリアビュー。サイドの特徴的なキャラクターラインやリアコンビランプのデザインが目を引く。

■期待のかかる環境車

FCVは、水素を燃料に「燃料電池」で電気を作り出し、その電力でモーターを駆動して走るエコカー。普及の進む電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などと並んで開発が進められる、“脱石油型の環境車”である。

同社によれば、このうちEVは小型車として扱うのが最適で、近距離用途において強みをみせるものの「航続距離が短い」「充電時間が長い」などのネガがある。PHVはより移動距離の長い、乗用車クラス全般のニーズに応えられるが、さらに長距離の使用、大型商用車などの用途にはFCVが適しているという。

そもそも水素には、「使用時にCO2を発生しない」点はもちろん、「風力・地熱・太陽光といった多様な1次エネルギーから製造できる」「電力に比べて容易に貯蔵・輸送が容易」「自動車以外にも多様な発電に使える」など、社会のエネルギー利用にとって便利な特徴があり、近年、これを将来の有力なエネルギーと位置づけるトヨタをはじめ、世界の自動車メーカーがFCV開発に向けて協力関係を結んでいる。
日産×ダイムラー×フォード連合は2017年、ホンダ×GM連合は2020年ごろのFCV実用化を明言。一方、トヨタは開発を単独(BMWにはまず基幹技術を供与し、2020年に共同開発)で進めており、昨2013年11月の第43回東京モーターショーでコンセプトモデル「FCVコンセプト」を公開したことも、記憶に新しい。

FCVの予定価格は、税抜きで700万円程度。FCスタックや水素タンクは専用パーツが用いられる一方、バッテリーやモーターには既存のハイブリッド車と同じ部品が流用され、生産コストが抑えられる。
FCVの予定価格は、税抜きで700万円程度。FCスタックや水素タンクは専用パーツが用いられる一方、バッテリーやモーターには既存のハイブリッド車と同じ部品が流用され、生産コストが抑えられる。
電力を生み出すために、水素のほかに酸素も取り込むFCV。フロントの大きなエアインテークは、その特徴を示すデザイン処理とされる。
電力を生み出すために、水素のほかに酸素も取り込むFCV。フロントの大きなエアインテークは、その特徴を示すデザイン処理とされる。
この日は経済産業省 資源エネルギー庁の戸邉千広氏も登壇。水素ステーションの設置計画などについてプレゼンテーションを行った。
この日は経済産業省 資源エネルギー庁の戸邉千広氏も登壇。水素ステーションの設置計画などについてプレゼンテーションを行った。

トヨタ、市販型燃料電池車の概要を発表の画像

■価格はおよそ700万円

トヨタのFCV史をさかのぼれば、開発がスタートしたのは1992年のこと。2002年には、SUVタイプの車両17台が日米でリース販売された。当初300kmだった航続距離は、2005年には330km、2008年には830kmにまで伸び、耐久性・信頼性の向上も図られてきた。
またこの間同社は、自社開発を続けてきたFCスタックの出力密度向上と小型化を実現。同じく自社開発の高圧水素タンクも、タンク質量あたりの貯蔵量アップや低コスト化が進められた。

かくして量産・市販が現実的になったFCVは、「2015年内」とされたこれまでの目標を早め、2014年度中(=2015年3月まで)には全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて販売される見込み。予定価格は、補助金を考慮しない車両本体のメーカー希望小売価格で700万円程度(消費税抜き)という。

今回披露されたプロトタイプの外観は、東京モーターショー2013に出展されたコンセプトモデルとほぼ同じで、わずかにフロントバンパーやグリル、LEDヘッドランプ、サイドミラーのデザインが異なるのみ。「極めて高い質感に仕上がった」と、開発陣も胸を張る。
駆動方式はFFで、FCスタックは前席の下に、水素タンクは後席の下と荷室の下にそれぞれ(計2本)配される。ラゲッジスペースそのものは、一般的なクルマ同様、キャビン後方に確保されている。
水素の充てん時間は約3分で、航続可能距離は約700km(実用航続可能距離500km以上)。モーターがもたらす低回転域から力強い加速性能や、意のままになる優れたハンドリング性能もセリングポイントだという。

一方、現在国内では、FCVの燃料を補給する水素ステーションの整備計画も進行中だ。青写真によれば、その数は、2015年時点で大都市圏を中心とした100カ所。規制見直しによる建設コストの削減を追い風に、2025年には全国1000カ所、さらに2030年には全国5000カ所にまで増設される見込みである。
車両や水素に対する補助金・税金こそ未定であるもの、トヨタとしても、既存のハイブリッド車と同程度のランニングコスト(目安としては500km走行で4000~5000円程度)をイメージしているという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。