アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)

猛々しくも折り目正しく 2014.07.04 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。

手書きの地図で

実に失礼ながら普段は道を覚えない人だったから、その時のことはなおさらよく覚えている。当時『CAR GRAPHIC』の編集長だった小林彰太郎さんのデスクに呼ばれて行くと、何やら地図を描きながら「アストンには行ったことがあるかい?」と言う。無論ペーペーの若手編集部員にそんな経験があるはずもないが、小林さんは私の返事など気にも留めずに「M1に乗って北上して、ミルトン・キインズで降りたら道なりに街に入ると、その右側に工場、突き当たりのラウンダバウトを右に行くと“スワン・リバイブド・ホテル”という宿があるからそこに泊まりなさい」と、まるで自宅への道順を説明するかのように、スラスラとペンを走らせ地図と住所を書いてくださった。“Newport Pagnell, Bucks.”と記されたメモは今もどこかにあるはずだ。バックスとはバッキンガムシャーの省略形であることすらその時は知らなかったのだけれど。

訪ねたニューポート・パグネルの旧本社工場は生きている博物館のようだった。本の中で読んだ通りに、アルミパネルを木型に当ててひとつずつボディーパーツをたたき出しているかと思えば、エンジン工房ではバルブを一本一本天秤(てんびん)でバランス取りをしていたものだ。田園風景の中を発売されたばかりの「ヴィラージュ」で走り回り、薄青いリンシードの花が咲く畑を背景に写真を撮って戻った時には、伝統のV8が朝とはまるで違ったフィーリングで回ることにも驚いた。フォードの資本が導入されてアストン・マーティンの歴史が変わる直前、今から25年あまり前のことである。

そのニューポート・パグネル工場で、2007年までいわばハンドメイドされていたのがアストン・マーティンの旗艦スポーツカーの「ヴァンキッシュ」である。このヴァンキッシュを最後にアストン・マーティンの黄金期を支えた旧工場はその役目を終え、それ以降の生産はゲイドンの新工場に移管され、ニューポート・パグネルはクラシックアストンのレストアやメンテナンスなどを扱う「アストン・マーティン・ワークス」に生まれ変わっている。

「ヴァンキッシュ ヴォランテ」は2013年8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンス2013でお披露目された。従来の「DBSヴォランテ」の後継車に当たる。
「ヴァンキッシュ ヴォランテ」は2013年8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンス2013でお披露目された。従来の「DBSヴォランテ」の後継車に当たる。
インパネのデザインは従来の流れをくむものだが、センターパネルに“ガラスボタン”を用いたり、ユニークな形状の「One-77 レザーステアリングホイール」を採用したりと、随所がアップデートされている。
インパネのデザインは従来の流れをくむものだが、センターパネルに“ガラスボタン”を用いたり、ユニークな形状の「One-77 レザーステアリングホイール」を採用したりと、随所がアップデートされている。
ソフトトップの開閉は、運転席側ドアに備わるスイッチ(パワーウィンドウスイッチの手前)で行う。
ソフトトップの開閉は、運転席側ドアに備わるスイッチ(パワーウィンドウスイッチの手前)で行う。
オープン化に要する時間は約14秒。48km/h以下なら走行中に開閉することもできる。(クリックするとソフトトップが開く様子が見られます)
オープン化に要する時間は約14秒。48km/h以下なら走行中に開閉することもできる。(クリックするとソフトトップが開く様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンキッシュ ヴォランテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る