第17回:あのショーカーに乗ってトム・クルーズがインドを走る!
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

2011.12.12 エッセイ

第17回:あのショーカーに乗ってトム・クルーズがインドを走る!『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

大ヒットシリーズの4作目

東京モーターショーで見たばかりのコンセプトカーが、スクリーンの中で疾走している。BMWの「i8」だ。自動車会社とタイアップした映画は珍しくないが、最新のコンセプトカーが登場すると、さすがに驚いてしまう。

トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の4作目である。元は60年代から70年代にかけて製作されたアメリカのテレビドラマだったが、1996年からリメイクのシリーズが始まった。トム・クルーズ自身が制作も担当していて、彼が監督を指名している。ブライアン・デ・パルマ、ジョン・ウー、J・J・エイブラムスと大物を起用してきて、今回はブラッド・バードに白羽の矢が立った。『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』などのアニメ作品で才能を見せていたが、王道のエンターテインメント作品を任されたのだ。

物語はブダペストから始まる。開始早々から激しいアクションで、息もつかせぬ展開だ。つかみはOKだが、トム・クルーズ演じるところのイーサン・ハントがいない。一転、『大脱走』オマージュらしき独房のシークエンスに移る。彼は、ロシアの刑務所にいた。そこではセルゲイと呼ばれ、まわりからはロシア人だと思われている。その割には簡単なロシア語しかしゃべっていなかったが。派手な脱走劇が繰り広げられ、いよいよ不可能なミッションが始まるのだ。

(c)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
(c)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
「BMW i8」
次世代モビリティーのために「BMW i」が新しいサブブランドとして登場した。2車種が発表されており、コンパクトな「i3コンセプト」はピュアEV、プレミアムスポーツの「i8コンセプト」はプラグインハイブリッドである。2013年から順次市販される予定。写真は東京モーターショー会場に展示された「i8コンセプト」。(写真=峰昌宏)
「BMW i8」
次世代モビリティーのために「BMW i」が新しいサブブランドとして登場した。2車種が発表されており、コンパクトな「i3コンセプト」はピュアEV、プレミアムスポーツの「i8コンセプト」はプラグインハイブリッドである。2013年から順次市販される予定。写真は東京モーターショー会場に展示された「i8コンセプト」。(写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。