第245回 「記憶すべきルマン」を観て想う
ルマン24時間レース観戦記

2014.07.01 エッセイ

テレビに映らないポルシェの“戦闘力”

少々時間がたってしまったが、今でも思い出すと、まさに夢だったんじゃないかという気すらしてくる。そう、2014年のルマン24時間耐久レースは、本当にすごいレースだった。

前半戦を独走して、いよいよ初優勝を実現できるかと思われた「トヨタTS040ハイブリッド」の7号車が早朝に、まさかのトラブルで離脱。続いて、実に16年ぶりのトップカテゴリーへの復帰初年度での優勝が見えてきた「ポルシェ919ハイブリッド」も駆動系トラブルでリタイアすると、結局勝利の栄冠を手にしたのはスルスルと追い上げて、いつの間にか上位につけていた「アウディR18 e-tronクワトロ」だった。

実はこのアウディも、途中でエンジンのタービン交換を行っている。スプリントレース化している最近のルマンで、これほどのトラブルに遭いながら優勝できた例は多くない。結果表だけ見ると、何だかいつも通りというか、あまり面白みのない結果と映ったかもしれないけれど、本当にエキサイティングなレースだったのだ。

今回のルマン、筆者はポルシェのプレスツアーで現地に赴いた。そしてここで、初出場で優勝の可能性すら感じさせたレース以外にも、その戦いぶりにいろいろと感心させられたのだった。

例えば最終コーナー手前にはVIP顧客用のブースが設置されており、ここでは24時間ビュッフェが提供され、中のソファでゆっくり、あるいはテラスに出てシャンパン片手にレースを楽しむこともできるようになっていた。またポルシェコーナーの脇の、今までは単なる砂利の空き地だったところにもやはりポルシェブースが出現。ここは一般の観客にも開放されていて、ソーセージやビールを買って食べながら観戦することができた。

ポルシェ919ハイブリッド
ポルシェ919ハイブリッド
トヨタTS040ハイブリッド
トヨタTS040ハイブリッド
アウディR18 e-tronクワトロ
アウディR18 e-tronクワトロ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ