第246回 世界で最も偉大な“草レース”
ニュルブルクリンク24時間レース観戦記

2014.07.01 エッセイ
「アウディR8 LMS ultra」を擁したフェニックスレーシングが今年のニュル24時間を制した。
「アウディR8 LMS ultra」を擁したフェニックスレーシングが今年のニュル24時間を制した。

普段はのどかで美しい緑の丘と深い森がもうもうたるバーベキューの煙と歓声に包まれている――ADAC24時間、通称ニュルブルクリンク24時間レースの週末、アイフェル丘陵はまるでロックフェスティバルさながらのお祭り騒ぎとなる。今年(2014年6月19日~22日)は「アウディR8 LMS ultra」が新記録で制覇、日本勢ではクラスウィン奪還を狙った「スバルWRX STI」がクラス4位に入った。

ポールポジションを獲得したのはドール・モータースポーツの66号車「マクラーレンMP4-12C GT3」。
ポールポジションを獲得したのはドール・モータースポーツの66号車「マクラーレンMP4-12C GT3」。
ニュル24時間の名物「オペル・マンタ」。
ニュル24時間の名物「オペル・マンタ」。

第246回 世界で最も偉大な“草レース”ニュルブルクリンク24時間レース観戦記の画像

ハイアマチュアの晴れ舞台

1970年に始まり、今年で42回目を迎えた“ニュル24時間”はメインレースの参加車だけで175台、20万人以上もの観客が詰めかける一大イベントである。近年ではメーカーのサポートを受けた事実上のワークスチームも多数参加し、トップグループにはアウディやメルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMWなどの地元勢に加え、マクラーレンやアストン・マーティンのGT3マシンがずらりと並ぶが、いっぽうで“名物”ともいえるグループB時代の古い「オペル・マンタ」(とはいえ「トヨタ86」と遜色ない速さを見せる)まで、多種多様な車両が集うのがニュルブルクリンクの特徴だ。

地元の腕自慢にとって年に1度の晴れ舞台という図式は、かつてのモンテカルロ・ラリーやルマン24時間と同じだが、高度にプロフェッショナル化したそれらとは異なり、依然としていわゆるハイアマチュアの目標でもあり続けているのが、最も偉大な“草レース”、世界最大のツーリングカーレースの大祭典といわれるゆえんである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ