ホンダ、「NSXコンセプト」など出展【デトロイトショー2012】

2011.12.12 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】ホンダ、「NSXコンセプト」など出展

本田技研工業は、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称デトロイトショー)に、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」を出展すると発表した。

ホンダは、デトロイトショーのAcuraブースにおいて「NSXコンセプト」を世界初披露する。車両の詳細や画像は現時点で公開されていないが、ホンダによれば「1990年に初代NSXが誕生して以来、世界中で愛され続けているスポーツカーのフラッグシップモデルの名前とDNAを受け継ぎ、お客様のニーズと技術の進化に合わせた次世代のスーパースポーツとして開発を行っています」とのこと。次世代のホンダ・スーパースポーツ・デザインの方向性を示すモデルとして「優れた走行性能と環境技術を融合した」とうたわれるだけに、ハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツカーとして登場することが予想される。 

また、デトロイトショーではAcuraブランドの新型コンパクトセダン「ILXコンセプト(北米仕様)」、2代目となる新型「RDX(北米仕様)」も発表され、Hondaブースでは、新型「アコードクーペ(北米仕様)」のコンセプトモデルが世界初披露される。

(webCG)

「ホンダNSX」
「ホンダNSX」 拡大

関連キーワード:
NSXホンダデトロイトモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(アキュラ) 2017.12.8 画像・写真 大幅改良を受けた新型「RLX(日本名:ホンダ・レジェンド)」に、迫力のサーキット専用車「NSX GT3」の姿も。ロサンゼルスモーターショーの会場から、ホンダのプレミアムブランド、アキュラの展示車両を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
ホームへ戻る