フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)

ブラジルから世界へ 2014.07.08 試乗記 フォードが世界戦略車として展開するコンパクトSUV「エコスポーツ」。ブラジル・フォード主導で開発されたこのクルマの魅力に迫った。

素直で落ち着きのある走り

フォードのコンパクトなSUV「エコスポーツ」は、ブラジル・フォード主導で開発された。このニュースが頭にこびりついて離れないのは、本稿執筆時点で絶賛開催中のブラジルW杯とは無縁ではないだろう。生まれてこのかた、毎日こんなにたくさんのブラジルの映像を目にしたことはなかった。

根が単純なもので、エコスポーツに用意される鮮やかなボディーカラーから原色の洋服があふれるブラジルの街を連想してしまう。そういえばこの個性的なフロントマスク、こんな魚がアマゾン川に潜んでいそうだ。小さいけれど鋭い牙と強靱(きょうじん)な顎を備える肉食魚。エコスポーツといういかにも直球の飾り気のないネーミングは、シンプルなシュラスコの味わい……。

いざ走りだしてまず心に響くのは、乗り心地のよさと正確なハンドリングだ。足まわりはネイマール選手の膝(しつ)関節のようにしなやかに伸び縮みして、路面からのショックを軽くいなす。ステアリングホイールを切れば、守護神ジュリオセザール選手のスパイクのようにタイヤが地面をつかみ、きゅっとターンする。
さすがブラジル生まれ、足技にたけている……、という感想はまったくの見当違いだ。エコスポーツは、足まわりに定評のある同社の「フィエスタ」をベースに開発しているのだ。

1655mmの全高はフィエスタより180mmも高い。けれども、コーナーでグラッと傾くこともなければ、それを防ぐためにむやみに足まわりを固めた様子もない。
コーナーに入ると徐々に、滑らかにロールが深くなり、けれどもあるところでしっかりと踏ん張ってコーナリングを完遂する。このサイズで素直なハンドリングと落ち着いた乗り心地が両立しているあたりは立派だ。
このサイズ、というのを補足しておくと、全長4195mmのエコスポーツは、4135mmの「日産ジューク」や4295mmの「ホンダ・ヴェゼル」と同クラスということになる。
ちなみに、世界的には四駆モデルを導入する市場もあるけれど、日本にはFF(前輪駆動)のみが入る。

フォードの新世代グローバルデザインテーマ「New Global Design Language」に基づいてデザインされた、躍動感のあるエクステリアとなっている。
フォードの新世代グローバルデザインテーマ「New Global Design Language」に基づいてデザインされた、躍動感のあるエクステリアとなっている。

フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)【試乗記】の画像
SUVでありながら、Cd値は0.371を実現している。
SUVでありながら、Cd値は0.371を実現している。
ステアリングホイールは本革巻き。チルト&テレスコピック機能を備える。
ステアリングホイールは本革巻き。チルト&テレスコピック機能を備える。

フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【海外試乗記】 2013.5.12 試乗記 フォードのコンパクトSUV「クーガ」がモデルチェンジを受けた。従来型のイメージを引き継いだ新型の走りはいかに? オーストラリアはアデレードからの第一報。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2013.8.18 試乗記 フォードのグローバルプロダクトとして、「フォーカス」に続いて日本上陸を果たした新型「クーガ」。世界中のリソースを投入して開発された新型SUVは、どのようなクルマに仕上がっていたのか?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る