フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)

ブラジルから世界へ 2014.07.08 試乗記 フォードが世界戦略車として展開するコンパクトSUV「エコスポーツ」。ブラジル・フォード主導で開発されたこのクルマの魅力に迫った。

素直で落ち着きのある走り

フォードのコンパクトなSUV「エコスポーツ」は、ブラジル・フォード主導で開発された。このニュースが頭にこびりついて離れないのは、本稿執筆時点で絶賛開催中のブラジルW杯とは無縁ではないだろう。生まれてこのかた、毎日こんなにたくさんのブラジルの映像を目にしたことはなかった。

根が単純なもので、エコスポーツに用意される鮮やかなボディーカラーから原色の洋服があふれるブラジルの街を連想してしまう。そういえばこの個性的なフロントマスク、こんな魚がアマゾン川に潜んでいそうだ。小さいけれど鋭い牙と強靱(きょうじん)な顎を備える肉食魚。エコスポーツといういかにも直球の飾り気のないネーミングは、シンプルなシュラスコの味わい……。

いざ走りだしてまず心に響くのは、乗り心地のよさと正確なハンドリングだ。足まわりはネイマール選手の膝(しつ)関節のようにしなやかに伸び縮みして、路面からのショックを軽くいなす。ステアリングホイールを切れば、守護神ジュリオセザール選手のスパイクのようにタイヤが地面をつかみ、きゅっとターンする。
さすがブラジル生まれ、足技にたけている……、という感想はまったくの見当違いだ。エコスポーツは、足まわりに定評のある同社の「フィエスタ」をベースに開発しているのだ。

1655mmの全高はフィエスタより180mmも高い。けれども、コーナーでグラッと傾くこともなければ、それを防ぐためにむやみに足まわりを固めた様子もない。
コーナーに入ると徐々に、滑らかにロールが深くなり、けれどもあるところでしっかりと踏ん張ってコーナリングを完遂する。このサイズで素直なハンドリングと落ち着いた乗り心地が両立しているあたりは立派だ。
このサイズ、というのを補足しておくと、全長4195mmのエコスポーツは、4135mmの「日産ジューク」や4295mmの「ホンダ・ヴェゼル」と同クラスということになる。
ちなみに、世界的には四駆モデルを導入する市場もあるけれど、日本にはFF(前輪駆動)のみが入る。

フォードの新世代グローバルデザインテーマ「New Global Design Language」に基づいてデザインされた、躍動感のあるエクステリアとなっている。
フォードの新世代グローバルデザインテーマ「New Global Design Language」に基づいてデザインされた、躍動感のあるエクステリアとなっている。

フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)【試乗記】の画像
SUVでありながら、Cd値は0.371を実現している。
SUVでありながら、Cd値は0.371を実現している。
ステアリングホイールは本革巻き。チルト&テレスコピック機能を備える。
ステアリングホイールは本革巻き。チルト&テレスコピック機能を備える。

フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る