ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化

2014.07.01 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」

ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化

英ジャガー・ランドローバーは2014年6月24日、「ジャガーFタイプ Project 7(プロジェクト7)」を、最大250台の限定で生産、販売すると発表した。


ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化の画像

ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化の画像

ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化の画像

ジャガー「Fタイプ プロジェクト7」を市販化の画像
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」は2014年6月26日、自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において発表された。写真はFタイプ プロジェクト7と、デザイナーのイアン・カラム氏。
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」は2014年6月26日、自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において発表された。写真はFタイプ プロジェクト7と、デザイナーのイアン・カラム氏。

■モチーフは往年の「ジャガーDタイプ」

同社は2013年7月、「Fタイプ」をベースとしたコンセプトモデル「プロジェクト7」を発表しており、今回のFタイプ プロジェクト7はその市販バージョンに当たる。

車名の「7」は、ジャガーのルマン24時間耐久レースでの優勝回数を示したもので、エクステリアデザインも、ルマンに出場した往年のレーシングカー「Dタイプ」をモチーフにしている。具体的には、ドライバーズシートの後方にロールオ―バーバーを組み込んだフェアリングを装備したほか、フロントウィンドウの小型などにより、全高をベース車より30.5mm低くしている。

ルーフは折り畳み式で、オープン時には196リッターの容量を持つトランクルームに収納することができる。

インテリアも同車専用のデザインとなっており、ひし形のパターンのキルティングで仕上げられた軽量のバケットシートや、アルカンターラのステアリングホイール、カーボンファイバー製のパネルなどを採用。オプションで4点式のレーシングハーネスも用意している。

■最高出力575ps、0-100km/h加速は3.9秒

エンジンは専用のチューニングを施した最高出力575ps、最大トルク69.3kgmのスーパーチャージャー付き5リッターV8を搭載。組み合わせる8段ATについてもシフトポイントや特性などを見直し、動力性能の向上を図っている。また足まわりでは、フロントタイヤのキャンバー角を変更したほか、前後ともに新設計のアンチロールバーを装備。サスペンションは車高調整機構付きで、スプリングレートやダンパーの内部構造を同車専用としている。

このほかにも、電子制御ダンパーのアダプティブ・ダイナミクス・システムや、電子アクティブ・ディファレンシャル、カーボンセラミックマトリクス(CCM)ブレーキ、トルクベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)などを標準装備。スタビリティーコントロールシステムにも専用のチューニングを施している。

また、外装にはカーボンファイバーを用いたフロントスプリッターやサイドスカート、リアディフューザー、リアスポイラーなどを装備。軽量化も図っており、車両重量は「FタイプV8 Sコンバーチブル」より80kg軽い、1585kgに抑えている。

これらの装備や改良により、Fタイプ プロジェクト7は0-100km/h加速が3.9秒という動力性能を実現。最高速は、リミッター作動により300km/hと公表される。

なお、開発はオーダーメイドモデルの受託やブランドグッズの製造などを担当するスペシャル・オペレーションズ部門が担当。生産も同部門が担う予定で、ウェストミッドランズに新設されるテクニカルセンターにおいて、手作業で組み立てるという。

価格は未定。納車時期は2015年半ばを予定している。

(webCG)

→「ジャガーFタイプ プロジェクト7」の詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】 2013.8.27 試乗記 ジャガーが半世紀ぶりに市場投入したピュアスポーツカー「Fタイプ」。過去の名車に思いをはせながら、その魅力を味わった。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 特集 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る