第354回:イタリア式・超ローカル「モーターショー」をナメるなよ!

2014.07.04 エッセイ

田舎のモーターショー

「今週末にモーターショーをやるから、見に来なよ」

近所のディーラーの屋外展示場を冷やかしていたら、知り合いのセールスマン、アンドレアが、こうボクに声をかけた。彼の言う「モーターショー」とは、地元の自動車ディーラーが合同で行う展示会のことである。

5年前、市民体育館裏の駐車場でやっていたところを、偶然通りかかって寄ったことがあった。ボクが子供の頃住んでいた東京郊外の町で行われていた「産業展」における、地元自動車販売店の展示のようなものであった。ところがアンドレアによると今回の会場は、郊外だという。そこで週末、仕事の合間の気分転換に”田舎のモーターショー”を見学すべくクルマを走らせた。

向かったのは南郊の工場地帯である。正確には「工場地帯だった」と言ったほうがよいかもしれない。かつては活気があったが、すでにナンニーニの菓子工場(元F1ドライバー A.ナンニーニの家業)をはじめ多くの地元企業が撤退して、今日ではいまひとつ寂しい一帯である。唯一にぎわうのは、ミッレミリアのルート脇にあることから、タイム調整ポイントとして出場車が集うときくらいだ。
それにしても今日は晴天。みんな海に行ってしまうであろう夏の週末に、そんなイベントをやって大丈夫か?

シエナの自動車&バイク祭り「フェスタ・デル・モトーレ」の会場で。アバルト愛好会がツーリングに出発する。会員数は隣の県と合わせて約50名とのこと。
シエナの自動車&バイク祭り「フェスタ・デル・モトーレ」の会場で。アバルト愛好会がツーリングに出発する。会員数は隣の県と合わせて約50名とのこと。
広い郊外の会場ゆえ、さまざまな仮設コースが。これはダートコース。
広い郊外の会場ゆえ、さまざまな仮設コースが。これはダートコース。
「ドリフトカー&ラリーカー・ショー」のコーナー。10ユーロ(約1400円)で体験同乗できる仕組みだが、お客さんがいなくてもグルグル走っていた。選べる同乗車両の一台には「フィアット850」も。
「ドリフトカー&ラリーカー・ショー」のコーナー。10ユーロ(約1400円)で体験同乗できる仕組みだが、お客さんがいなくてもグルグル走っていた。選べる同乗車両の一台には「フィアット850」も。
ラリーカー・ショーで走る「フィアット・リトモ」。
ラリーカー・ショーで走る「フィアット・リトモ」。
家族レクリエーションの場でもある。
家族レクリエーションの場でもある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。