【スペック】全長×全幅×全高=4745×1855×1388mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(517ps/6800rpm、63.2kgm/5200rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)【海外試乗記】

サーキットの遊び人たちへ 2011.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ ブラックシリーズ(FR/7AT)

あの「C63 AMGクーペ」をさらに獰猛(どうもう)に仕立てた「ブラックシリーズ」。517psのモンスターを、「コークスクリュー」で有名なラグナセカレースウェイで試した。

日本向けはすでに完売

ブラックシリーズ――何ともおカネの匂いに満ちたサブネームじゃないか。メルセデスの乗用車のプレミアム ハイパフォーマンスラインナップであるAMGの、さらに「上」をいく存在。いささかの嫉妬をこめて、「屋上屋を架する」とついつい皮肉りたくなる。

最初は、2006年の「SLK55」だった。120台限定で400psのスーパー「SLK」だ。そして2007年の「CLK63」(700台、507ps)、2008年の「SL65」(150台、670ps)と続いた。今回の「C63AMGクーペ ブラックシリーズ」は、言ってみればCLK63の生まれ変わりである。台数限定車ではなく、2012年いっぱい生産される。

とはいえ、日本市場への割り当ては50台プラスアルファで、残念ながら予約注文時点で完売となってしまった。聞くところによると、何でもディーラーの見込み注文も含めて、200件前後の申し込みがあったらしい。東京モーターショーでも展示されたから、問い合わせの電話はその後も鳴り続いていることだろう。

つまり、多くの人が試乗はおろか、現物を見ないで注文をしたわけである。これまでの実績があり、信頼されているからこそのビジネス。これぞプレミアムスポーツブランドの神髄だ。もちろん、写真で格好くらいは確認したことだろう。そして、「SLS GT3」由来のド迫力スタイリングに圧倒され、心を揺さぶられたその勢いで判をついてしまった、という感じではないだろうか。

2007年の「CLK63 AMGブラックシリーズ」(写真右)と、2008年の「SL65 AMGブラックシリーズ」。
2007年の「CLK63 AMGブラックシリーズ」(写真右)と、2008年の「SL65 AMGブラックシリーズ」。
迫力を増したフロントデザイン。ノーズの両端にはカナードが2本ずつ備わる。
迫力を増したフロントデザイン。ノーズの両端にはカナードが2本ずつ備わる。
テールには角度調整が可能なカーボン製リアウイングが装着される。
テールには角度調整が可能なカーボン製リアウイングが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る