ファルケンからコンフォートタイヤの新製品登場

2014.07.02 自動車ニュース
「ファルケンZIEX ZE914」

ファルケンからコンフォートタイヤの新製品登場

住友ゴム工業は2014年7月1日、コンフォートタイヤの新製品「ファルケンZIEX(ジークス)ZE914」を、8月から順次発売すると発表した。

 

今回のジークスZE914は、「優れた操縦安定性能とウエット性能に、環境性能も搭載した」とアピールされるコンフォートタイヤである。

トレッドパターンには、タイヤ外側の接地面積の割合とセンター部の剛性を高めるとともに、ブロック剛性と柔軟性が両立するようラグ溝とサイプを配置した新デザインを採用。走行時の不要なタイヤ変形を抑制する高剛性構造とも相まって、高い操縦安定性能を実現しているという。

また、路面との密着性を高める柔軟で結合力の強いシリカコンパウンドにより、優れたウエット性能を確保。不要な発熱を抑制する「シリカ用低発熱ポリマー」の採用により、従来の「ジークスZE912」より転がり抵抗を27%低減している。
なお、タイヤラベリング制度による性能評価は、転がり抵抗性能が「A」(5段階評価で上から3番目)、ウエットグリップ性能が「c」(4段階評価で上から3番目)となっている。

サイズは185/60R14から265/35R18までの50種類。価格はオープンプライス。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。