【スペック】全長×全幅×全高=4430×1810×1710mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(179ps/4500-6200rpm、28.6kgm/1700-4500rpm)/価格=389万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/7AT)【試乗記】

SUV版“GTI” 2011.12.11 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/7AT)
……389万円


デビューから3年目のマイナーチェンジで、外観やパワートレインが刷新された「フォルクスワーゲン・ティグアン」。スタイリッシュな都会派「スポーツ&スタイル」で、その走りを試した。

少数派のフォルクスワーゲン

水平基調の新しい「VW」グリルに変わったのが最新の「ティグアン」である。ひと足先に「トゥアレグ」もこの顔になったが、幅が広すぎて、水平ラインが間延びしすぎのように感じる。その点、ティグアンはちょうどいい。

新型では、よりオフロード仕立ての「トラック&フィールド」が落とされて、「スポーツ&スタイル」のみになった。2012年春、これに「Rライン」が加わると新ラインナップが完成する。

エンジンはこれまでどおりの2リッター4気筒ターボだが、10・15モード燃費(11.6km/リッター)を落とさずに出力を170psから179psに上げた。さらに変速機を6段ATから湿式の7段DSGに換装したのが新しいスポーツ&スタイルである。いまや「パサート」が1.4リッターのTSIで走るのだから、ティグアンもダウンサイジングできそうだが、本国にはある1.4リッターだとMTしか品ぞろえがない。かくして、いまやごく少数派の2リッター4気筒フォルクスワーゲンである。

パサート初出のドライバー疲労検知システムが装備されたのも新しい。最短10分前からステアリング入力でそのドライバーの運転操作をデータ化し、疲労や眠気で生じる特有の挙動を検知すると、警告音や計器盤内のサインで休憩を促すというもの。個人的に高速道路で居眠り運転しそうになることがたまにあるので、ぜひこのシステムの恩恵に浴してみたいと思うのだが、今回もあいにく運転中に眠くなることはなく、コーヒーカップの警告サインを見ることもなかった。


フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/7AT)【試乗記】の画像
エンジンは9psのパワーアップ。また従来、特別仕様車の「ライストン」と高性能版「Rライン」に採用されていた7段DSGが、「スポーツ&スタイル」にも採用された。
エンジンは9psのパワーアップ。また従来、特別仕様車の「ライストン」と高性能版「Rライン」に採用されていた7段DSGが、「スポーツ&スタイル」にも採用された。
ドライバーの集中力低下をステアリング操作などから検出し、アラーム音と表示により休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」が新たに採用された。装着されているカーナビは、ディーラーオプションの「720ナビ」(26万2900円)。
ドライバーの集中力低下をステアリング操作などから検出し、アラーム音と表示により休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」が新たに採用された。装着されているカーナビは、ディーラーオプションの「720ナビ」(26万2900円)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る