「フィアット500」にデビュー7周年記念モデル

2014.07.03 自動車ニュース
「フィアット500 1.2スーパーポップ バースデイ エディション」
「フィアット500 1.2スーパーポップ バースデイ エディション」

「フィアット500」にデビュー7周年記念モデル

フィアット クライスラー ジャパンは2014年7月3日、コンパクトカー「フィアット500」に特別仕様車「1.2 Super Pop Birthday Edition(スーパーポップ バースデイ エディション)」を設定し、7月12日より200台の限定で販売すると発表した。 

 

1.2スーパーポップ バースデイ エディションは、2013年11月からたびたび設定されている特別仕様車「スーパーポップ」シリーズの最新版にあたり、2014年7月4日にフィアット500がイタリアで誕生してから7年を迎えるのに合わせ、「Birthday Edition」と名付けられている。

ボディーカラーは「ボサノバ ホワイト」のみの設定で、「『ヌオーヴァ500』のウインカーをモチーフにした」という専用デザインのバッジや、ビンテージスタイルのホイールカバーキットなどを装備。リアゲートにも同車専用のステッカーをあしらっている。

一方インテリアには、アイボリーとグレーのツートンカラーのシートや、ロゴ入りの専用レザーシフトノブなどを採用。専用バッジとシフトノブをブルーでコーディネートすることで、クールなイメージも演出しているという。

価格は、ベースモデルの「500 1.2 Pop」よりも約20万円安い179万2800円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る