「水野和敏的視点」 vol.56 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(後編)

2014.07.04 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.56 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は引き続き、「アウディA3セダン」の、“単なるセダンバリエーション”にとどまらない魅力に迫る。「MQB」と呼ばれる、横置きエンジン車用のプラットフォームを分かち合う「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にも乗り、これら2ブランドの狙いの違いも併せて考える。

 
「水野和敏的視点」 vol.56 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(後編)の画像 拡大
 
「水野和敏的視点」 vol.56 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(後編)の画像 拡大
 
「水野和敏的視点」 vol.56 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(後編)の画像 拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/車両本体価格:258万7000円
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/車両本体価格:258万7000円 拡大
アウディA3セダン 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm/ホイールベース:2635mm/車重:1340kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:140ps/4500-6000rpm/最大トルク:25.5kgm/1500-3500rpm/タイヤ:(前)225/45R17 (後)225/45R17/車両本体価格:374万円
アウディA3セダン 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm/ホイールベース:2635mm/車重:1340kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:140ps/4500-6000rpm/最大トルク:25.5kgm/1500-3500rpm/タイヤ:(前)225/45R17 (後)225/45R17/車両本体価格:374万円 拡大

■数値化されない部分に“本気”が宿る

前回に引き続き、「アウディA3セダン」を取り上げます。テスト車は、「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド(COD)」。気筒休止システム付きの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルです。

前回は、このエンジンについて、スロットル操作に対する間の取り方(遅れ)とトルクの出方が、質感の演出のためか微妙であるという話をしました。また、サスペンションのセッティングは見事だという話もしました。いわゆるスポーティーな足まわりではありませんが、前後のバランスがよく、ちょっと“攻めて”みても危なげない。路面からの情報をドライバーに的確に伝えつつ、乗り心地にも配慮されている。これは、開発ドライバーを褒めるべきでしょう。

エンジンのトルクレスポンスやサスペンションの前後バランスなど、カタログの数値に表れない部分に至るまで、アウディは質感というものに本気で取り組んでいるのがわかります。よく言われる内装の素晴らしさも、そのひとつ。A3セダンのインテリアはつや消し黒一色でまとめられていますが、設計と作り込みが一体となって、他社より数段上のクオリティーを実現しています。

それはトランクを開けてみても同じ。アウディが本気で質感にこだわっていることが、ガンガン伝わってきます。防音や吸音、振動対策を万全にして、トランクルームからのノイズがCピラーなどを伝わって天井で響く「ドラミング現象」を防いでいます。トランクリッドの建て付けもいい。剛性が高く、動きもスムーズ。ヒンジには、贅沢(ぜいたく)にもダンパーをおごっています。こうした部分は、より高価な「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」より、むしろ上をいっていると思います。繰り返しになりますが、アウディの、クオリティーにかける意気込みがとても強く伝わってきます。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ゴルフA3セダンフォルクスワーゲンアウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る