アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スプリント(FF/6AT)

アルファはアルファの道を行く 2014.07.09 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に試乗。強豪ひしめくCセグメント市場で際立つ、ラテン系ハッチバックの魅力に触れた。

様変わりする勢力図

「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」が属するCセグメントほど、ここ2~3年でガラッと状況が変わったクラスはないんじゃなかろうか。
ジュリエッタが日本で発売されたのは2012年だが、翌年「メルセデス・ベンツAクラス」がモデルチェンジしてスポーティー路線に転換し、北欧からは「ボルボV40」が参入すると、ベンチマークといわれる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は第7世代にスイッチして、圧倒的なレベルアップを図った。国産車では「マツダ・アクセラ」が、スカイアクティブ・テクノロジーを擁して欧州勢にガチンコ勝負を挑んできた。

正確にはゴルフとアクセラ以外はプレミアムブランドであり、アルファもこちらに属するわけだが、その枠内でもライバルが2台も増えたとなれば、なんらかの手を打つ必要ありと考えて当然だろう。ジュリエッタは今年5月にマイナーチェンジを実施した。
内容は内外装の変更とラインナップの刷新が中心。後者については1.4リッター直列4気筒ターボエンジンと6段デュアルクラッチ・トランスミッションを組み合わせた「スプリント」と「スポルティーバ」の2グレードとなった。

その中から今回はベーシックなスプリントに乗ったのだが、実車に対面して、どこが変わったのか分からなかった。新旧ジュリエッタの写真を見比べれば、フロントの盾のバーが太くなって存在感を増し、フォグランプのベゼルがクロム仕上げになったことで判別できるのだが、言われなければ気づかないかもしれない。
見方を変えれば、変えなくてもよかったということになる。数あるCセグメントの中で群を抜いてエモーショナルかつエレガントなスタイリングの持ち主だけに、スポーティーなライバルが出てきたからといって、地位が揺らぐわけじゃない。持って生まれた自慢のプロポーションを維持できていればOKじゃないかという気がしたのだ。
ところがドアを開けると、その奥に広がるインテリアはかなり変わっていた。

「ジュリエッタ」の現行モデルは2010年のジュネーブショーで世界初公開され、日本では2012年に販売が開始された。


    「ジュリエッタ」の現行モデルは2010年のジュネーブショーで世界初公開され、日本では2012年に販売が開始された。
エントリーグレード「スプリント」のインテリア。シートはスプリントがファブリック、「スポルティーバ」がレザーとアルカンターラのコンビタイプとなる。
エントリーグレード「スプリント」のインテリア。シートはスプリントがファブリック、「スポルティーバ」がレザーとアルカンターラのコンビタイプとなる。
シートカラーは「スプリント」がグレー、「スポルティーバ」がブラックの組み合わせ。後者にはオプションで「レッド」「ナチュラル(茶)」「ブラック」の、3色のレザーシートも用意される。
シートカラーは「スプリント」がグレー、「スポルティーバ」がブラックの組み合わせ。後者にはオプションで「レッド」「ナチュラル(茶)」「ブラック」の、3色のレザーシートも用意される。
リアシートの中央には、トレーやドリンクホルダーなどを備えたアームレストを装備。
リアシートの中央には、トレーやドリンクホルダーなどを備えたアームレストを装備。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの一部を変更。新デザインのフロントグリルや、クロムメッキのフォグランプベゼルを採用した。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの一部を変更。新デザインのフロントグリルや、クロムメッキのフォグランプベゼルを採用した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る