ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)

調教された猛牛 2014.07.10 試乗記 700psを誇るランボルギーニのフラッグシップ「アヴェンタドール」。その全開性能はいかに? ツインリンクもてぎのロードコースで解き放った。試乗記と併せてオンボード動画をおとどけする。

700psをコントロールしきれるか!?

なぜ今ごろになって「アヴェンタドール」の試乗会を、しかもツインリンクもてぎで開催するのか? 筆者にはまったくもってその理由がわからなかったけれど、そんなことはまぁ、どうでもいい。だって「アヴェンタドールに乗りますか? しかもサーキットで」と聞かれたら、断るはずがないじゃないか。

あえてその理由を探せば、「2014年モデルの進化を、より安全で管理がしやすいクローズドエリアで味わってください。あくまで安全にね!」ということなのだろう。またwebCGの担当編集T氏によれば、アヴェンタドールのトランスミッション「ISR」(インディペンデント・シフティング・ロッド)は、登場時よりもクラッチ制御が洗練されているという。

そして編集部からは「コルサモードで700psを解き放ったときの操縦性、特にアクセラレーションの自由度を教えてほしい」というマニアックな要望までもらった。ようするに「ユー、サーキットで全開にしちゃったとき、アヴェンタドールLP700-4がきちんと操れるクルマなのかどうか、教えてよ!」というわけである。

ダイジョブかなぁ……。だって700psでしょ!?

試乗の舞台はツインリンクもてぎのロードコース。5台の試乗車が用意された。
試乗の舞台はツインリンクもてぎのロードコース。5台の試乗車が用意された。
ピットロードにたたずむ「アヴェンタドール」。
ピットロードにたたずむ「アヴェンタドール」。
いざコースイン。6.5リッターV12ユニットの咆哮(ほうこう)がコースに響く。
いざコースイン。6.5リッターV12ユニットの咆哮(ほうこう)がコースに響く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.9.11 試乗記 “売れっ子スーパースポーツ”「ガヤルド」の跡を継ぐ、ランボルギーニのニューモデル「ウラカン」に試乗。ドライブフィーリングから燃費まで、その実像をリポートする。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る