フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント Rラインエディション(FF/7AT)

華のある完成形 2014.07.11 試乗記 フォルクスワーゲンのミドル級ワゴン「パサートヴァリアント」に、特別仕立ての内外装と足まわりを持つ「Rラインエディション」が登場。では、そのドライブフィールは……? 燃費も含めた試乗の結果を報告する。

見た目の高級感バッチリ

2010年に登場した“7代目”の現行「パサート」。それは事実上、2006年デビューのモデルの“ビッグ・マイナーチェンジ版”と言える存在だ。それゆえ、そのモデルライフはそろそろ終盤に差し掛かっているはず――と、そんな書き出しでこの稿の執筆を進めようとしていた矢先、何ともタイムリー(?)に、次期パサートセダン/ヴァリアントの概要が発表された。

フォルクスワーゲンが推進する、パワーパック横置き車用のモジュール構造「MQB」が適用される次期型は、それを受けて「すべてを一新させたモデル」になるという。ボディーサイズはほぼ踏襲しながらも、ホイールベースは79mmの延長。その上で、大幅な軽量化を実行し、初のプラグインハイブリッド仕様も設定する……といった事柄は、すべて『webCG』内から拾い上げた情報だ。

視点を現行型へと移して語るならば、それはあと数カ月で次期型にバトンタッチするであろう“最終モデル”とも言えるもの。そんなタイミングで設定された“最新モデル”が、ここに紹介する「パサートヴァリアント Rラインエディション」なのだ。

偉大なる弟分、「ゴルフ」の存在感があまりにも強いため、比べられると、やや知名度ではヒケをとるパサート。フォルクスワーゲン・ラインナップの中でも「ちょっと控えめ」という印象が強かっただけに、今回の取材車のいでたちには少しばかり驚いた。
「トルネードレッド」とその名も勇ましい深紅に彩られたボディーは、専用造形の前後バンパーや大径化されたホイールなどによって、思いのほか垢(あか)抜けて見える。ワイドな横桟デザインのフロントグリル内には、誇らしげに「R」の文字。
これは500万円は下らないだろうナ……と、下世話ではあるもののそれが第一印象。まずはそのエクステリアからして、“見た目の高級感バッチリ”なモデルでもあるのだ。

スポーティーな仕立てを特徴とする、「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」の特別仕様車「Rラインエディション」。2014年6月3日に発売された。
スポーティーな仕立てを特徴とする、「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」の特別仕様車「Rラインエディション」。2014年6月3日に発売された。
専用デザインのバンパーで飾られるフロントまわり。テスト車は、光軸の自動調節機構が付いたバイキセノンヘッドランプ(オプション)を搭載する。
専用デザインのバンパーで飾られるフロントまわり。テスト車は、光軸の自動調節機構が付いたバイキセノンヘッドランプ(オプション)を搭載する。
フロントグリルには、「R」をかたどったエンブレムも。
フロントグリルには、「R」をかたどったエンブレムも。
「Rライン専用リアスポイラー」
「Rライン専用リアスポイラー」
ドアの開口部も、専用ロゴ入りのドアシルプレートでドレスアップされる。
ドアの開口部も、専用ロゴ入りのドアシルプレートでドレスアップされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートヴァリアントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る