BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)

クラシック・ミーツ・モダン 2014.07.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。

「2」は二枚目の「2」?

「BMWの『2シリーズ』ってどんなクルマ?」という質問に答えるのは簡単だ。5ドアハッチバックである「1シリーズ」の2ドアクーペ版が「2シリーズ」、と、ハセユーこと長谷川勇也選手(福岡ソフトバンクホークス)のトスバッティングのようにビシッと打ち返すことができる。
ただし、「じゃあ、なんで『1シリーズ クーペ』という名前にしなかったの?」という質問に答えるのは、なかなか難しい。う~ん、と腕組みして、似たような事例が思い浮かんだ。それは、ラーメン屋における「つけ麺」の存在だ。

いまほどメジャーになる前のつけ麺黎明(れいめい)期、「つけ麺」という名称はまだ確立されていなかった。店によって「もりそば」と呼ぶところもあれば、「ざるラーメン」と呼ぶケースもあった。
これがもし、「つけ麺」というネーミングが発明されずに「ざるラーメン」のままだったら、つけ麺は今日の隆盛を築けなかったのではないか。「ざるラーメン」だと「ラーメン」の亜流、「あ、ラーメンの麺とスープを別々にしたやつね」ぐらいに思われていただろう。
「つけ麺」という名前を得たことで、つけ麺はラーメンとはまったく別の、ひとつのジャンルとして認められたのだ。いまや、場所によってはラーメン屋よりつけ麺専門店が幅を利かせているのはご存じの通りである。

同じように、「1シリーズ クーペ」だと、「あ、『1シリーズ』のドアを2枚にしたやつね」程度に思われてしまう。ただし、これを「2シリーズ」と呼べば、「1シリーズ」とは別ジャンルのモデル、という印象を与えることができる。

同一店舗のメニューにラーメンとつけ麺がある場合、つけ麺のほうが麺の量が多いケースが一般的だ。BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ」の関係も同様だ。ホイールベースは2690mmと共通ながら、「2シリーズ」のほうが105mm長くて10mm幅広い。
結果として「2シリーズ」は、低くて流麗な、いかにもクーペらしいフォルムを手に入れた。先代「1シリーズ クーペ」は子どもがタキシードを着ているような“七五三”感があったけれど、今度は本物のフォーマルウエアだ。

違うのはサイズだけではない。「1シリーズ」のフロントマスクは、そのタレ目がちょっと困っている人の顔を連想させる。対して、「2シリーズ」は切れ長の目の正統派ハンサムだ。「2シリーズ」というだけあって、二枚目なのだ。
「カッコいい!」と少し心拍数を上げながら乗り込んでインテリアを見渡すと、心拍数はすっと落ち着く。インテリアは見慣れた「1シリーズ」と共通であるからだ。2台並べて間違い探しをしたら多少は違うかもしれないけれど、ぱっと見の印象は同じだ。

「2シリーズ」は、BMWのラインナップで最もコンパクトな2ドアクーペ。日本国内では、2014年2月に発売された。
「2シリーズ」は、BMWのラインナップで最もコンパクトな2ドアクーペ。日本国内では、2014年2月に発売された。
「BMW 220iクーペ」には、ベーシックな「スポーツ」と、スポーティーな仕立ての内外装やサスペンションなどが与えられた「Mスポーツ」の2種類が用意される。写真は、前者スポーツのフェンダー部分に配されるエンブレム。
「BMW 220iクーペ」には、ベーシックな「スポーツ」と、スポーティーな仕立ての内外装やサスペンションなどが与えられた「Mスポーツ」の2種類が用意される。写真は、前者スポーツのフェンダー部分に配されるエンブレム。
ホイールのサイズは、標準で17インチ。テスト車は同じ17インチのオプション「スタースポークスタイリング382アロイホイール」を装着していた。組み合わされるのは、ブリヂストンのランフラットタイヤ。
ホイールのサイズは、標準で17インチ。テスト車は同じ17インチのオプション「スタースポークスタイリング382アロイホイール」を装着していた。組み合わされるのは、ブリヂストンのランフラットタイヤ。

BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像
テスト車の前席(写真)は、オプションの「ダコタレザーシート」(シートヒーター付き)。標準車の表皮は「トラック・クロス」と呼ばれるファブリックである。
テスト車の前席(写真)は、オプションの「ダコタレザーシート」(シートヒーター付き)。標準車の表皮は「トラック・クロス」と呼ばれるファブリックである。
関連記事
  • 「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」 2014.5.23 mobileCG BMWの新しい古典(?)「M235i クーペ」をMr.GT-Rはどう読む?
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • レクサスRC200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.7 試乗記 レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載する「200t」が登場。価格の面ではRCのエントリーグレードに位置づけられるものの、試乗してみれば、それは驚くほど“スポーツ度”の高いモデルだった。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る