BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)

クラシック・ミーツ・モダン 2014.07.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。

「2」は二枚目の「2」?

「BMWの『2シリーズ』ってどんなクルマ?」という質問に答えるのは簡単だ。5ドアハッチバックである「1シリーズ」の2ドアクーペ版が「2シリーズ」、と、ハセユーこと長谷川勇也選手(福岡ソフトバンクホークス)のトスバッティングのようにビシッと打ち返すことができる。
ただし、「じゃあ、なんで『1シリーズ クーペ』という名前にしなかったの?」という質問に答えるのは、なかなか難しい。う~ん、と腕組みして、似たような事例が思い浮かんだ。それは、ラーメン屋における「つけ麺」の存在だ。

いまほどメジャーになる前のつけ麺黎明(れいめい)期、「つけ麺」という名称はまだ確立されていなかった。店によって「もりそば」と呼ぶところもあれば、「ざるラーメン」と呼ぶケースもあった。
これがもし、「つけ麺」というネーミングが発明されずに「ざるラーメン」のままだったら、つけ麺は今日の隆盛を築けなかったのではないか。「ざるラーメン」だと「ラーメン」の亜流、「あ、ラーメンの麺とスープを別々にしたやつね」ぐらいに思われていただろう。
「つけ麺」という名前を得たことで、つけ麺はラーメンとはまったく別の、ひとつのジャンルとして認められたのだ。いまや、場所によってはラーメン屋よりつけ麺専門店が幅を利かせているのはご存じの通りである。

同じように、「1シリーズ クーペ」だと、「あ、『1シリーズ』のドアを2枚にしたやつね」程度に思われてしまう。ただし、これを「2シリーズ」と呼べば、「1シリーズ」とは別ジャンルのモデル、という印象を与えることができる。

同一店舗のメニューにラーメンとつけ麺がある場合、つけ麺のほうが麺の量が多いケースが一般的だ。BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ」の関係も同様だ。ホイールベースは2690mmと共通ながら、「2シリーズ」のほうが105mm長くて10mm幅広い。
結果として「2シリーズ」は、低くて流麗な、いかにもクーペらしいフォルムを手に入れた。先代「1シリーズ クーペ」は子どもがタキシードを着ているような“七五三”感があったけれど、今度は本物のフォーマルウエアだ。

違うのはサイズだけではない。「1シリーズ」のフロントマスクは、そのタレ目がちょっと困っている人の顔を連想させる。対して、「2シリーズ」は切れ長の目の正統派ハンサムだ。「2シリーズ」というだけあって、二枚目なのだ。
「カッコいい!」と少し心拍数を上げながら乗り込んでインテリアを見渡すと、心拍数はすっと落ち着く。インテリアは見慣れた「1シリーズ」と共通であるからだ。2台並べて間違い探しをしたら多少は違うかもしれないけれど、ぱっと見の印象は同じだ。

「2シリーズ」は、BMWのラインナップで最もコンパクトな2ドアクーペ。日本国内では、2014年2月に発売された。
「2シリーズ」は、BMWのラインナップで最もコンパクトな2ドアクーペ。日本国内では、2014年2月に発売された。
「BMW 220iクーペ」には、ベーシックな「スポーツ」と、スポーティーな仕立ての内外装やサスペンションなどが与えられた「Mスポーツ」の2種類が用意される。写真は、前者スポーツのフェンダー部分に配されるエンブレム。
「BMW 220iクーペ」には、ベーシックな「スポーツ」と、スポーティーな仕立ての内外装やサスペンションなどが与えられた「Mスポーツ」の2種類が用意される。写真は、前者スポーツのフェンダー部分に配されるエンブレム。
ホイールのサイズは、標準で17インチ。テスト車は同じ17インチのオプション「スタースポークスタイリング382アロイホイール」を装着していた。組み合わされるのは、ブリヂストンのランフラットタイヤ。
ホイールのサイズは、標準で17インチ。テスト車は同じ17インチのオプション「スタースポークスタイリング382アロイホイール」を装着していた。組み合わされるのは、ブリヂストンのランフラットタイヤ。

BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像
テスト車の前席(写真)は、オプションの「ダコタレザーシート」(シートヒーター付き)。標準車の表皮は「トラック・クロス」と呼ばれるファブリックである。
テスト車の前席(写真)は、オプションの「ダコタレザーシート」(シートヒーター付き)。標準車の表皮は「トラック・クロス」と呼ばれるファブリックである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る