BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)

粋筋のクルマ 2014.07.14 試乗記 2ドアクーペとカブリオレに続いて、「4シリーズ」のラインナップに加わった4ドアモデル「グランクーペ」。「3シリーズ」とは異なるその魅力を味わった。

エンジンがイイ

曲率の大きな長尾峠の登りを、「428iグランクーペ」はスイスイ登っていく。2リッターの直4ガソリンターボエンジンは3.5リッター並みの大トルクを生み出し、1630kgの車重をためらうことなく押し出す。

エンジンがイイ。6000rpmを軽々と超え、7000rpmまで気持ちよく回りきる。全域トルキーで、出力特性にドラマがある。普段は静粛で雑音を発しない。高回転域になると、乾いた野太い音が控えめに聴こえてくる。

アクセルオフ時にエンジンブレーキはまったく利かない。高効率をモットーとする現代では、エンジンブレーキという概念自体、忘却という名の川に投げ捨てられた。ときどき思い出して、懐かしむ人がいるのみである。

外寸、ホイールベースは2ドアと同一だけれど、4ドアはルーフが112mm長くて、12mmだけ高くなっている。その分、リアのマスが大きくなっている。見た目がデカイのはそれゆえだろう。セダンの「3シリーズ」より大きく感じるのは、実際にセダンより、わずかに長く、幅が広いからだ。

「BMW 428iグランクーペ」に搭載されるエンジンは245psと35.7kgmを発生する2リッター直4ターボ。
「BMW 428iグランクーペ」に搭載されるエンジンは245psと35.7kgmを発生する2リッター直4ターボ。
「3シリーズ」のデザインを受け継ぐインストゥルメントパネル。
「3シリーズ」のデザインを受け継ぐインストゥルメントパネル。
BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ グランクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る