さらに低燃費な「ダイハツ・ミラ イース」登場

2014.07.09 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」
    拡大

さらに低燃費な「ダイハツ・ミラ イース」登場

ダイハツ工業は2014年7月9日、軽乗用車「ミラ イース」を一部改良し、販売を開始した。

■純ガソリン車としてはトップの燃費性能を実現

今回の改良は燃費性能の改善が中心となっており、エンジンに関しては圧縮比を従来の11.3から12.2に高めたほか、吸気ポートを改良し混合気の渦流(タンブル)を強化。点火初期火炎拡大のために高着火スパークプラグを採用するなどして、熱効率を向上させた。

また、高圧縮比化に伴うノッキングを回避するためにアトキンソンサイクルやデュアルインジェクターを採用。前者についてはポンピングロスの低減にも、後者については燃焼の安定化にも貢献しているという。

このほかにも、リアタイヤの前にディフレクターを装着することで走行時の空気抵抗を低減。オルタネーターについては減速時の発電量をより高め、加速・走行時の発電を抑制し、エンジン負荷を低減した。

これらの技術により、ミラ イースはFF車で35.2km/リッター、4WD車で32.2km/リッターという燃費性能を実現した。

■オプションで黒いシートが選択可能に

装備や内装に関しては、新たに「G“SA”」「Gf“SA”」「X」「X“SA”」「Xf」「Xf“SA”」に、黒いシート表皮などをセットにした「ブラックインテリアパック」をオプションとして設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・D(FF):76万6286円
・L(FF):91万5429円
・L“SA”(FF):96万6857円
・X(FF):102万8571円
・X“SA”(FF):108万円
・G“SA”(FF):121万3715円
・Lf(4WD):101万8286円
・Lf“SA”(4WD):106万9714円
・Xf(4WD):113万1429円
・Xf“SA”(4WD):118万2875円
・Gf“SA”(4WD):131万6572円

(webCG)
 

関連キーワード:
ミライースダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • わざわざ「女性向け」って言う必要ある?
    「ダイハツ・ミラ トコット」に感じた疑問
    2018.6.25 デイリーコラム ダイハツから、女性ユーザーをメインターゲットに据えた新しい軽乗用車「ミラ トコット」が登場。他のモデルとは一味違う“シンプルさが身上”のニューモデルにリポーターが感じた疑問とは? webCG編集部員が、世の女性向けモデルにモノ申す!
  • ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売 2018.6.25 自動車ニュース ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売した。「エフォートレス」(肩ひじ張らず自然体でいられる)をコンセプトとした女性向けの軽乗用車で、シンプルで温かみのあるスタイリングや、使いやすさ、充実した安全装備を特長としている。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る