トヨタ・クラウンに4WDのハイブリッド車が登場

2014.07.09 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」

「トヨタ・クラウン」に4WDのハイブリッド車が新登場

トヨタ自動車は、「クラウンロイヤル/クラウンアスリート/クラウンマジェスタ」の各シリーズに、新たにハイブリッド・フルタイム4WD車を設定。「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン」「クラウン ハイブリッド アスリートS」の特別仕様車「Black Style(ブラックスタイル)」とあわせて、2014年7月9日に発売した。

「クラウンマジェスタ Four」
「クラウンマジェスタ Four」
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。

■トヨタ初のハイブリッド・フルタイム4WD車

これまでFR車のみだったクラウンのハイブリッドモデルに、新たに4WD車が加えられた。
2.5リッター直4ガソリンエンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは変わらぬものの、4WD車のパワートレインには「トルセンLSD付きトランスファー」と新開発のハイブリッド用トランスミッションを採用。ハイブリッドシステムが発生するトルクを、通常時40:60、走行状態に応じて50:50~30:70の比率で前後輪に配分する。

これら“4WDハイブリッド”車の燃費値(JC08モード)は、クラウンロイヤルとクラウンアスリートでは、最高21.0km/リッター。FR車(23.2km/リッター)と比べた場合、2.2ポイントのダウンとなっている。
一方、クラウンマジェスタの4WD車は19.0km/リッターを記録する。クラウンロイヤルらと同じ2.5リッター直4エンジン+モーターの採用により、3.5リッターV6エンジン+モーターを搭載する同モデルのFR車(18.2km/リッター)よりも、すぐれた燃費を実現した。

各車の価格帯は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤル Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four:504万円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four:572万9143円
・クラウン ハイブリッド アスリート Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four:504万円
・クラウン ハイブリッド アスリートG Four:580万6963円
・クラウンマジェスタ Four:648万円

「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」


    「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。

■ブラック基調でキメたクラウン

同時に、クラウンロイヤルサルーン/クラウンアスリートSのハイブリッド車(FR車・4WD車)をベースとした、特別仕様車“Black Style”も設定された。

このうちロイヤルサルーンの“Black Style”は、グリルやメッキパーツ、さらに内装飾を黒基調とすることで、さらなる上質さを表現。
アスリートSの“Black Style”も、ピアノブラックの格子を持つグリルやブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールでドレスアップ。さらに、テラロッサ(赤)の専用本革シートもオプション設定される。雨滴感応式オートワイパーと自動防げんインナーミラーも全車に与えられる。

価格は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”:492万8673円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four“Black Style”:514万4673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”:501万3673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four“Black Style”:522万9673円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”【試乗記】 2015.5.5 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る