トヨタ・クラウンに4WDのハイブリッド車が登場

2014.07.09 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートG Four」
    拡大

「トヨタ・クラウン」に4WDのハイブリッド車が新登場

トヨタ自動車は、「クラウンロイヤル/クラウンアスリート/クラウンマジェスタ」の各シリーズに、新たにハイブリッド・フルタイム4WD車を設定。「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン」「クラウン ハイブリッド アスリートS」の特別仕様車「Black Style(ブラックスタイル)」とあわせて、2014年7月9日に発売した。

「クラウンマジェスタ Four」
「クラウンマジェスタ Four」
    拡大
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」
    拡大
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。
「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four」のインテリア。
    拡大

■トヨタ初のハイブリッド・フルタイム4WD車

これまでFR車のみだったクラウンのハイブリッドモデルに、新たに4WD車が加えられた。
2.5リッター直4ガソリンエンジンとモーターからなるハイブリッドシステムは変わらぬものの、4WD車のパワートレインには「トルセンLSD付きトランスファー」と新開発のハイブリッド用トランスミッションを採用。ハイブリッドシステムが発生するトルクを、通常時40:60、走行状態に応じて50:50~30:70の比率で前後輪に配分する。

これら“4WDハイブリッド”車の燃費値(JC08モード)は、クラウンロイヤルとクラウンアスリートでは、最高21.0km/リッター。FR車(23.2km/リッター)と比べた場合、2.2ポイントのダウンとなっている。
一方、クラウンマジェスタの4WD車は19.0km/リッターを記録する。クラウンロイヤルらと同じ2.5リッター直4エンジン+モーターの採用により、3.5リッターV6エンジン+モーターを搭載する同モデルのFR車(18.2km/リッター)よりも、すぐれた燃費を実現した。

各車の価格帯は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤル Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four:504万円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG Four:572万9143円
・クラウン ハイブリッド アスリート Four:443万3143円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four:504万円
・クラウン ハイブリッド アスリートG Four:580万6963円
・クラウンマジェスタ Four:648万円

「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」


    「クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”」
    拡大
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」
    拡大
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。
「クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”」にオプション設定される、テラロッサのインテリア。
    拡大

■ブラック基調でキメたクラウン

同時に、クラウンロイヤルサルーン/クラウンアスリートSのハイブリッド車(FR車・4WD車)をベースとした、特別仕様車“Black Style”も設定された。

このうちロイヤルサルーンの“Black Style”は、グリルやメッキパーツ、さらに内装飾を黒基調とすることで、さらなる上質さを表現。
アスリートSの“Black Style”も、ピアノブラックの格子を持つグリルやブラックスパッタリング塗装の18インチアルミホイールでドレスアップ。さらに、テラロッサ(赤)の専用本革シートもオプション設定される。雨滴感応式オートワイパーと自動防げんインナーミラーも全車に与えられる。

価格は、以下の通り。
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン“Black Style”:492万8673円
・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン Four“Black Style”:514万4673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS“Black Style”:501万3673円
・クラウン ハイブリッド アスリートS Four“Black Style”:522万9673円

(webCG)

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン マジェスタクラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る