第355回:さすが世界遺産の国!? イタリア式速度取り締まり機

2014.07.11 エッセイ

設置が進む旅行時間測定型

イタリアでは毎年7月下旬から大きな企業や工場が夏休みに入る。それを待ちきれない人たちは、毎週末海へ向かうので、アウトストラーダはすでにレジャーグルマでごった返している。
高速道路といえば切り離せないもののひとつが、自動速度取り締まり機だ。今回はそのイタリア事情をお話ししよう。

「太陽の道」をはじめとするイタリアの主要幹線で2004年から設置が進められてきたのは「Tutor(チューター)」と名付けられた自動速度取り締まりシステムである。10km~25km間隔で設置されたカメラで通過車両のナンバープレートを読み取り、区間平均速度を計測している。日本の旅行時間測定システム(Tシステム)を取り締まりに使っている、と考えればよい。

チューターの設置された道は総延長2500kmに達している。車線をまたぐ頭上のセンサー+カメラとともに「Controllo elettronico della velocita con sistema Tutor」と書かれた緑の標識があるので、すぐにわかる。管理会社の「アウトストラーデ・ペル・イタリア」によれば、この設備によって死亡事故は51%、負傷事故は27%減少したという。

代わって、従来型の自動速度取り締まり機は、固定型も、警察官が臨時で設置する日本でいうネズミ捕り型も、総じて「アウトヴェロックス」と呼ばれている。調べてみると、ある取り締まり機製造会社の登録商標だったが、同社の商標が一般名詞化してしまったらしい。「ばんそうこう」と「バンドエイド」の関係である。

高速道路と国道のアウトヴェロックス設置場所は内務省/交通警察のウェブサイトで公表されている。臨時の取り締まりの場合でも、数十メートル手前に、必ず「取り締まり中」の告知立て看板がある。
注意すべきは中世街道そのままの一般道で、村を通過するときだ。村の中は、制限速度が低く設定されていて、自動取り締まり機が設置されている場合が少なくない。取り締まり機設置の看板だけで、実際には取り付けられていない場合も多いが、法令順守は言うまでもない。

参考までに反則金の課金に関しては、各道路の制限速度によって許容範囲が決められている。現行では制限速度が100km/h以下の場合はプラス5km/hまで、110km/hはプラス6km/hまで、120および130km/hはプラス7km/hまでがセーフで、課金の対象とならない。

イタリアの道を走っていて「Controllo elettronico della velocita(電子式速度検査)」の標識が出たら、自動速度取り締まり機設置区間のこと。
今日イタリアで最も一般的な自動速度取り締まり機。シエナ郊外にて。
小さな村に入る前に掲げられた「自動取り締まり機あり」の標識。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。