「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

2014.07.10 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアGT」
「ルノー・ルーテシアGT」

「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

ルノー・ジャポンは2014年7月10日、「ルーテシアGT」の販売を開始すると発表した。

■専用のシャシーと走行モード切り替えシステムを採用

「ルーテシアGT」はルノーのCセグメントハッチバック車「ルーテシア」の新しいスポーツグレードである。

1.2リッター直噴ターボエンジンに関しては、最高出力120ps、最大トルク19.4kgmというアウトプットはそのままだが、新たに「ノーマル」「スポーツ」の2つの走行モードを選択できる「R.S.ドライブ」を搭載。また、足まわりには同社のモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手掛けた「GT専用シャシー」を採用しており、他のグレードと比べ、フロントサスペンションのスプリングレートを40%、ダンパー減衰力を30%高めている。

内外装も専用にコーディネートしており、外装にはLEDランプを備えた専用デザインのフロントバンパーや、グレーメタリックのリアアンダープロテクター、リアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどを装備している。一方内装には、「ルーテシア ルノー・スポール」と同形状のスポーツシートや、専用のレザーステアリングホイール、滑り止めラバー付きアルミペダルなどを採用。シートやステアリングホイールなどにはGTのロゴをあしらっている。

これらを含む同車の装備は、以下の通り。

■走行性能
・GT専用R.S.ドライブ(ノーマル、スポーツの2モード)
・G専用シャシー(フロントスプリングレート:ベースグレード比+40%、フロントダンパー減衰力:同+30%)

■エクステリア
・フロントGTロゴ
・GT専用フロントバンパー
・フロントLEDランプ
・GT専用17インチアロイホイール
・ボディー同色サイドプロテクションモール(グレーメタリックフィニッシャー付き)
・グレーメタリックドアミラー
・GT専用クロムデュアルエキゾーストパイプ
・GT専用グレーメタリックリアアンダープロテクター
・GTバッジ(リアハッチ)
・R.S.リアスポイラー

■インテリア
・グレーメタリックインテリアトリム
・GTロゴ入りスポーツシート
・パドルシフト
・GTロゴ入り専用レザーステアリング
・滑り止めラバー付きアルミペダル
・ダッシュボードR.S.ロゴ
・R.S.ロゴ入りキッキングプレート

ボディーカラーは「ブルー マルト メタリック」「ルージュ フラム メタリック」「ブラン グラシエ」「ノワール エトワール メタリック」の4色。価格は259万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る