「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

2014.07.10 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアGT」
「ルノー・ルーテシアGT」

「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

ルノー・ジャポンは2014年7月10日、「ルーテシアGT」の販売を開始すると発表した。

■専用のシャシーと走行モード切り替えシステムを採用

「ルーテシアGT」はルノーのCセグメントハッチバック車「ルーテシア」の新しいスポーツグレードである。

1.2リッター直噴ターボエンジンに関しては、最高出力120ps、最大トルク19.4kgmというアウトプットはそのままだが、新たに「ノーマル」「スポーツ」の2つの走行モードを選択できる「R.S.ドライブ」を搭載。また、足まわりには同社のモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手掛けた「GT専用シャシー」を採用しており、他のグレードと比べ、フロントサスペンションのスプリングレートを40%、ダンパー減衰力を30%高めている。

内外装も専用にコーディネートしており、外装にはLEDランプを備えた専用デザインのフロントバンパーや、グレーメタリックのリアアンダープロテクター、リアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどを装備している。一方内装には、「ルーテシア ルノー・スポール」と同形状のスポーツシートや、専用のレザーステアリングホイール、滑り止めラバー付きアルミペダルなどを採用。シートやステアリングホイールなどにはGTのロゴをあしらっている。

これらを含む同車の装備は、以下の通り。

■走行性能
・GT専用R.S.ドライブ(ノーマル、スポーツの2モード)
・G専用シャシー(フロントスプリングレート:ベースグレード比+40%、フロントダンパー減衰力:同+30%)

■エクステリア
・フロントGTロゴ
・GT専用フロントバンパー
・フロントLEDランプ
・GT専用17インチアロイホイール
・ボディー同色サイドプロテクションモール(グレーメタリックフィニッシャー付き)
・グレーメタリックドアミラー
・GT専用クロムデュアルエキゾーストパイプ
・GT専用グレーメタリックリアアンダープロテクター
・GTバッジ(リアハッチ)
・R.S.リアスポイラー

■インテリア
・グレーメタリックインテリアトリム
・GTロゴ入りスポーツシート
・パドルシフト
・GTロゴ入り専用レザーステアリング
・滑り止めラバー付きアルミペダル
・ダッシュボードR.S.ロゴ
・R.S.ロゴ入りキッキングプレート

ボディーカラーは「ブルー マルト メタリック」「ルージュ フラム メタリック」「ブラン グラシエ」「ノワール エトワール メタリック」の4色。価格は259万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • アルファ・ロメオ、新型「ジュリア」を9月6日に発売 2017.8.10 自動車ニュース FCAジャパンが新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」を9月6日に発売する。ジュリアはアルファ・ロメオにとって久々のFRのスポーツセダンで、2015年6月にイタリアで発表されている。
ホームへ戻る