「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

2014.07.10 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアGT」

「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

ルノー・ジャポンは2014年7月10日、「ルーテシアGT」の販売を開始すると発表した。

■専用のシャシーと走行モード切り替えシステムを採用

「ルーテシアGT」はルノーのCセグメントハッチバック車「ルーテシア」の新しいスポーツグレードである。

1.2リッター直噴ターボエンジンに関しては、最高出力120ps、最大トルク19.4kgmというアウトプットはそのままだが、新たに「ノーマル」「スポーツ」の2つの走行モードを選択できる「R.S.ドライブ」を搭載。また、足まわりには同社のモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手掛けた「GT専用シャシー」を採用しており、他のグレードと比べ、フロントサスペンションのスプリングレートを40%、ダンパー減衰力を30%高めている。

内外装も専用にコーディネートしており、外装にはLEDランプを備えた専用デザインのフロントバンパーや、グレーメタリックのリアアンダープロテクター、リアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどを装備している。一方内装には、「ルーテシア ルノー・スポール」と同形状のスポーツシートや、専用のレザーステアリングホイール、滑り止めラバー付きアルミペダルなどを採用。シートやステアリングホイールなどにはGTのロゴをあしらっている。

これらを含む同車の装備は、以下の通り。

■走行性能
・GT専用R.S.ドライブ(ノーマル、スポーツの2モード)
・G専用シャシー(フロントスプリングレート:ベースグレード比+40%、フロントダンパー減衰力:同+30%)

■エクステリア
・フロントGTロゴ
・GT専用フロントバンパー
・フロントLEDランプ
・GT専用17インチアロイホイール
・ボディー同色サイドプロテクションモール(グレーメタリックフィニッシャー付き)
・グレーメタリックドアミラー
・GT専用クロムデュアルエキゾーストパイプ
・GT専用グレーメタリックリアアンダープロテクター
・GTバッジ(リアハッチ)
・R.S.リアスポイラー

■インテリア
・グレーメタリックインテリアトリム
・GTロゴ入りスポーツシート
・パドルシフト
・GTロゴ入り専用レザーステアリング
・滑り止めラバー付きアルミペダル
・ダッシュボードR.S.ロゴ
・R.S.ロゴ入りキッキングプレート

ボディーカラーは「ブルー マルト メタリック」「ルージュ フラム メタリック」「ブラン グラシエ」「ノワール エトワール メタリック」の4色。価格は259万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る