「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

2014.07.11 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」。コンパクトなボディーに573psの“強心臓”を隠したダイナマイトブリットを、ミスターGT-Rはどう評価する?


「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の画像

「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の画像
■アストン・マーティンV12ヴァンテージS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1865×1250mm/ホイールベース:2600mm/車重:1665kg/駆動方式:FR/エンジン:5.9リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:573ps/6750rpm/最大トルク:63.2kgm/5750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)295/30ZR19/車両本体価格:2305万円
■アストン・マーティンV12ヴァンテージS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1865×1250mm/ホイールベース:2600mm/車重:1665kg/駆動方式:FR/エンジン:5.9リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:573ps/6750rpm/最大トルク:63.2kgm/5750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)295/30ZR19/車両本体価格:2305万円

■下克上のアストン!

今回は英国の名門スポーツカーメーカーであるアストン・マーティンの「V12ヴァンテージS」を取り上げます。ヴァンテージのアストン・マーティン内での位置づけは、トップモデルの「ヴァンキッシュ」、基幹車種たる「DB9」、そしてエントリーモデルの「ヴァンテージ」となるわけですが、「V12ヴァンテージ」だけは、ちょっと事情が異なります。

その名の通り、まずエンジンが本来の4.7リッターV8から、上位モデルと同様の5.9リッターV12にアップグレードされています。しかも今回テストする「S」モデルは、通常のV12ヴァンテージと比較して50ps以上もパワーアップされており、アストン・マーティンは最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを豪語しています。

その価格は、DB9や「DB9ヴォランテ」すら上回る2305万円。価格的には「フェラーリ・カリフォルニアT」(2450万円)が好適なライバルとなりそうです。

実車を前にすると、ボディーパネルのプレスが素晴らしい。さらに、塗装の平滑さにも感心します。映り込みがキレイで、まるでひずみがない。最終的に、手作業で仕上げているんじゃないでしょうか。(つづく)
 

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る