「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

2014.07.11 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」。コンパクトなボディーに573psの“強心臓”を隠したダイナマイトブリットを、ミスターGT-Rはどう評価する?


「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の画像

「水野和敏的視点」 vol.57 「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の画像
■アストン・マーティンV12ヴァンテージS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1865×1250mm/ホイールベース:2600mm/車重:1665kg/駆動方式:FR/エンジン:5.9リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:573ps/6750rpm/最大トルク:63.2kgm/5750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)295/30ZR19/車両本体価格:2305万円
■アストン・マーティンV12ヴァンテージS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1865×1250mm/ホイールベース:2600mm/車重:1665kg/駆動方式:FR/エンジン:5.9リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:573ps/6750rpm/最大トルク:63.2kgm/5750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)295/30ZR19/車両本体価格:2305万円

■下克上のアストン!

今回は英国の名門スポーツカーメーカーであるアストン・マーティンの「V12ヴァンテージS」を取り上げます。ヴァンテージのアストン・マーティン内での位置づけは、トップモデルの「ヴァンキッシュ」、基幹車種たる「DB9」、そしてエントリーモデルの「ヴァンテージ」となるわけですが、「V12ヴァンテージ」だけは、ちょっと事情が異なります。

その名の通り、まずエンジンが本来の4.7リッターV8から、上位モデルと同様の5.9リッターV12にアップグレードされています。しかも今回テストする「S」モデルは、通常のV12ヴァンテージと比較して50ps以上もパワーアップされており、アストン・マーティンは最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを豪語しています。

その価格は、DB9や「DB9ヴォランテ」すら上回る2305万円。価格的には「フェラーリ・カリフォルニアT」(2450万円)が好適なライバルとなりそうです。

実車を前にすると、ボディーパネルのプレスが素晴らしい。さらに、塗装の平滑さにも感心します。映り込みがキレイで、まるでひずみがない。最終的に、手作業で仕上げているんじゃないでしょうか。(つづく)
 

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【海外試乗記】 2013.11.20 試乗記 レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる「V12ヴァンテージS」。その走りをアメリカ、カリフォルニアのパームスプリングスで試した。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る