ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)

ファイティングブルの再定義 2014.07.15 試乗記 まれに見る成功作の後継モデルなら、守りに回るのがビジネスの常道であろう。しかし、ランボルギーニは攻めの姿勢を崩さなかった。「進化」ではなく「革新」を選んだ新たなるミドルサイズ・ファイティングブル「ウラカン」で、同社の本拠地であるイタリアはサンターガタ・ボロネーゼからフランス南部のポールリカール・サーキットを目指した。

攻めのモデルチェンジ

失敗が許されないモデルチェンジ――これが、「ガヤルド」の後継モデルとしてウラカンを投入するランボルギーニに課せられた絶対的な命題だったことは疑う余地がない。

2003年のデビューから2013年までに合計1万4022台が生産された前作、ガヤルドは、“猛牛”にとって史上最高のセールスを記録したモデルであり、これまでランボルギーニのビジネスを支えてきた屋台骨でもあった。これほどの成功作を引き継ぐモデルであれば、方向性を大きく変えない“キープコンセプト”とするのが自動車メーカーの常とう手段である。

けれども、ランボルギーニはウラカンの開発に際して、あくまでも攻めの姿勢を崩さなかった。ダウンサイジングコンセプトが主流の昨今、あえて大排気量マルチシリンダー自然吸気(NA)エンジンにこだわったいっぽうで、駆動系を一新。エクステリアデザインだけでなく、その骨格となるボディー構造にも大胆に“メス”を入れた。

それらは、次の10年間に向けても「ランボルギーニはランボルギーニらしさを失わない」という明確な主張を込めたメッセージだった。

いっぽうで、自動車産業を取り巻く環境が、ランボルギーニのようなスーパースポーツカーにとって極めて困難なものになっているのも事実。とりわけ、CO2排出量削減に対する要求は厳しいものと推測される。そのほかにも安全性の向上などで生じる開発費の高騰は、年産2000台ほどと極めて規模の小さなランボルギーニにとっては想像を超す重荷となっているはずだ。

しかし、ランボルギーニはフォルクスワーゲン・アウディ・グループの一員として、グループの開発成果を享受するとともに、自らの開発成果をグループに提供する役割も担っている。あまり声高に説明されることはないが、ウラカンが次期型「アウディR8」と多くの部分を共用していることは周知の事実。それゆえに潤沢な開発資金が用意され、先進的な技術を投入しやすかったとも推測される。

とはいえ、ランボルギーニはあくまでもランボルギーニ。それらの先進技術は、冒頭に述べた「失敗の許されないモデルチェンジ」のため、つまりガヤルドを上回るニューモデルを作り上げるために用いられたと見ていい。

では、ランボルギーニの次の10年を担うウラカンはどのような成り立ちをしているのか? まずはこの点を理解するために、ランボルギーニ研究開発部門取締役のマウリツィオ・レッジャーニ氏によるプレゼンテーションに耳を傾けてみることにしよう。

「ウラカン」のスリーサイズは4459×1924×1165mm。強いウエッジ形状をとるボディーの各所に、モダンランボルギーニのシンボルフォームである六角形がちりばめられている。
「ウラカン」のスリーサイズは4459×1924×1165mm。強いウエッジ形状をとるボディーの各所に、モダンランボルギーニのシンボルフォームである六角形がちりばめられている。
スタイリングの指揮を執ったのは、ランボルギーニ・チェントロスティーレのフィリッポ・ペリーニ氏。
スタイリングの指揮を執ったのは、ランボルギーニ・チェントロスティーレのフィリッポ・ペリーニ氏。
ヘッドライトはフルLED式。2つのY字型デイタイム・ランニングライトが印象的。
ヘッドライトはフルLED式。2つのY字型デイタイム・ランニングライトが印象的。
Y字のモチーフはテールランプにも見られる。
Y字のモチーフはテールランプにも見られる。
車体後部のスポイラーリップとディフューザーだけで十分なダウンフォースが得られるため、可変式リアスポイラーの類いは不要という。
車体後部のスポイラーリップとディフューザーだけで十分なダウンフォースが得られるため、可変式リアスポイラーの類いは不要という。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.9.11 試乗記 “売れっ子スーパースポーツ”「ガヤルド」の跡を継ぐ、ランボルギーニのニューモデル「ウラカン」に試乗。ドライブフィーリングから燃費まで、その実像をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る