日本限定の「ロールス・ロイス・ゴースト」登場

2014.07.11 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト」の「Cornes Golden Jubilee Collection」
「ロールス・ロイス・ゴースト」の「Cornes Golden Jubilee Collection」
    拡大

日本限定の「ロールス・ロイス・ゴースト」登場

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年7月11日、日本限定のビスポークコレクション「GHOST - Cornes Golden Jubilee Collection(ゴースト コーンズ ゴールデンジュビリーコレクション)」を発表した。

 

ロールス・ロイス・ゴーストのCornes Golden Jubilee Collectionは、日本市場でロールス・ロイス車の販売を担うコーンズと、ロールス・ロイスとのパートナーシップ50周年を記念して制作された、特別仕様車だ。

ベースモデルは、601psの6.6リッターV12エンジンを搭載する「ゴースト V スペシフィケーション」で、インフィニティブラックのボディーカラーやゴールドのコーチライン、ゴールドのパイピングが施された漆黒の革内装、ピアノブラックのウッドパネル、「50th Anniversary Edition」のロゴ入りトレッドプレート、七宝焼エンブレムなどの特別装備が与えられる。

価格は、3840万円。

2014年秋には、2ドアクーペ「レイス」をベースとした「WRAITH - Cornes Golden Jubilee Collection」も導入する予定だという。

(webCG)

関連キーワード:
ゴーストロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
ホームへ戻る