ポルシェ911ターボカブリオレ(4WD/7AT)

王者の貫禄 2014.07.17 試乗記 520psの怪力を誇る「911ターボカブリオレ」に試乗。動力性能だけに傾注しないその姿勢に、ライバルに対するポルシェの「答え」を見た。

時代で変わる「ターボ」のイメージ

「911」のラインナップにおける「ターボ」の位置づけ。それはポルシェ側からみれば一貫していたとしても、われわれユーザーサイドからみればさまざまな捉え方があってもおかしくはない。

例えば僕のようなスーパーカーブームの洗礼を浴びた者からすれば、最も象徴的な「930」世代を指して「ターボ=究極」と頭のどこかで思っている。それでなくてもコントロールの難しい911の、しかもターボを御するには針に糸を通すようなドライビングスキルが必要であって、ターボにはそこに到達した者のみに許される特別な世界が用意されている。単にカッコいいからと生半可な腕前で手を出す代物ではない。と、ある種の腫れ物的なイメージといってもいい。

これが「964」から「993」の世代でポルシェに憧れた向きであれば、ターボにはもう少しマイルドな印象を抱くかもしれない。それはコーナリングマシンとしての「RS」の復活に加え、993世代からは4WDを用いるなど、ターボがスタビリティー指向をより強めたようにみえたからだ。水冷世代になれば、RSの実質的な後継ともいえる「GT3」のレギュラー化もあってその意向はさらに加速。水平方向にラインナップを広げる911ファミリーにあって、4WDが定着したターボはラグジュアリーGT的なポジションを固めていったようにうかがえる。

2013年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開された「ポルシェ911ターボカブリオレ」。日本でもその数時間後に、東京モーターショーのプレスデイでお披露目された。
2013年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開された「ポルシェ911ターボカブリオレ」。日本でもその数時間後に、東京モーターショーのプレスデイでお披露目された。
インテリアは基本的に「911ターボ」と共通。テスト車にはオプションの「2トーンレザーインテリア」が採用されていた。
インテリアは基本的に「911ターボ」と共通。テスト車にはオプションの「2トーンレザーインテリア」が採用されていた。
フロントシートは従来のモデルと同じくヘッドレスト一体型を採用。「ターボS」ではメモリー機能を備えた「アダプティブスポーツシート・プラス」が標準となる。
フロントシートは従来のモデルと同じくヘッドレスト一体型を採用。「ターボS」ではメモリー機能を備えた「アダプティブスポーツシート・プラス」が標準となる。
車体前方に備わるラゲッジルームの容量は115リッター。
車体前方に備わるラゲッジルームの容量は115リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ911タルガ4S(4WD/7AT)【試乗記】 2016.6.17 試乗記 新たに直噴ターボエンジンが搭載された「ポルシェ911」シリーズに、伝統のオープントップモデル「タルガ」が登場。“スポーツカーの王道”とも称される911の走りと電動開閉するルーフのギミックが織り成す、無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
  • ポルシェ911タルガ4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.10.14 試乗記 1960年代の初代をほうふつとさせる、どこか懐かしいBピラーを備えた新型「911タルガ」。伝統あるタルガの名は、最新のメカニズムによってどのように受け継がれたのだろうか。3.4リッターのフラット6を搭載する「911タルガ4」に試乗した。
ホームへ戻る