マクラーレン650S スパイダー(MR/7AT)

ますますスーパー 2014.07.22 試乗記 主力のスーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた、マクラーレンの最新作「650S」。その実力や、いかに? オープンバージョン「650S スパイダー」に、一般道で試乗した。

“完璧な仕事”の進化版

「マクラーレンMP4-12C」(現在の「12C」)が量産開始されてから、わずか3年ほどで登場した650Sは、一応は12Cの上級モデルという位置づけだそうである。12Cの生産は現在ストップしているそうだが、それはあくまで650Sの初期受注をさばくため……というのが公式なアナウンスである。

知っている人も多いと思うが、650Sの車体やシャシーの構造やエンジン、トランスミッションなど、基本ハードウエアはすべて12Cと共通である。外装デザインは12Cとは別物だが、基本骨格は両車で同じだから、キャビンの形状やエンジンルームの長さ、リアガーニッシュ中央から突き出される排気口など、12Cを特徴づけていた基本シルエットは、この650Sでも踏襲されている。インテリアの基本造形にいたっては、12Cそのままだ。

シツコイようだが、12Cがなくなったわけではないので、これを「12Cのビッグマイナーチェンジモデル」と呼ぶのは正確ではないが、基本的な成り立ちはまさにそれ。マイナーチェンジという言葉が不適切ならば、これはさしずめ「エボリューションモデル」ということだろう。

12Cは、その操縦性、運動性能、動力性能、コントロール性……といった“スポーツカー”の機能において、世界中でスタンディングオベーションともいうべき大絶賛を受けた。その点においては、マクラーレンはいきなり、ほとんど完璧な仕事を成し遂げた……というのが世の評価だった。
こうして“スポーツカー”としてはほとんど文句なしの12Cだったが、そのいっぽうで“スーパーカー”としての評価は二分した。いわくデザインが控えめすぎる、エンジンに色気がない、つまり総じてスーパーカーに不可欠な刺激が少ない……というのが、マクラーレン否定派の多くの意見だった。

「650S クーペ/650S スパイダー」は、マクラーレンの主力モデル「12C」の販売開始(2011年前半)からおよそ3年後、2014年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。翌4月には、日本でも実車が披露された。
左右のドアは、天地方向に開く跳ね上げ式。ドアの後端(写真では上方)に、エンジンルームやルーフ格納スペースへのアクセスボタンが備わる。
インテリアの造形は、「12C」と変わらない。表皮は総アルカンターラ張り。オプションで本革仕様にも変更できる。
アナログ式のタコメーターを中心にすえるメーターパネル。左右には、車両の状態を示す液晶ディスプレイが配される。スピードメーターは、デジタル式。
今回のテスト車は、オープンバージョンの「650S スパイダー」。道路の段差を乗り越える際などに有効な、車高の調節機構(オプション:57万6000円)を装備する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

650S スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る