新デザインの「日産ジューク」がデビュー

2014.07.14 自動車ニュース
「日産ジューク15RS」
「日産ジューク15RS」

新デザインの「日産ジューク」がデビュー

日産自動車は2014年7月14日、クロスオーバー車「ジューク」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ジューク15RXパーソナライゼーション 」(手前2台)と「ジューク16GT FOURパーソナライゼーション」。
「ジューク15RXパーソナライゼーション 」(手前2台)と「ジューク16GT FOURパーソナライゼーション」。
「ジューク15RX パーソナライゼーション 」
「ジューク15RX パーソナライゼーション 」
オプションの「パーソナライゼーション」を採用したインテリア。
オプションの「パーソナライゼーション」を採用したインテリア。
「アラウンドビューモニター(MOD<移動物検知>機能付き)」
「アラウンドビューモニター(MOD<移動物検知>機能付き)」
「ジューク16GT FOURパーソナライゼーション」
「ジューク16GT FOURパーソナライゼーション」

■オプションでよりカラフルなデザインも選択可能

今回のマイナーチェンジでは、フロントにより立体的な形状の「Vモーショングリル」を採用するなど、エクステリアのデザインを変更。新たに「ブーメランシェイプ」と呼ばれるV字型のシグネチャーLEDポジションランプや、ウインカー付きドアミラーを採用したほか、前後バンパーやリアLEDコンビランプの意匠を変更した。

また、内外装の各部の色を選択可能とするスペシャルパッケージ「パーソナライゼーション」を新設定した。ボディーカラー以外に色が選べる箇所は、エクステリアではドアミラーとドアハンドルで、黒、赤、白、黄の4色を用意。インテリアではセンターコンソールや各種トリム、シート地に赤、白、黄の3色を用意している。ボディーカラーは、国内初採用の「サンライトイエロー」「アズライトブルー」や、新色の「スーパーブラック」を含む全9色の設定となっており、パーソナライゼーションと組み合わせれば、全90通りのカラーバリエーションの中から、自分の好みに応じたコーディネートを選ぶことができるという。

装備の強化も図っており、新たにメーカーオプションとして「アラウンドビューモニター(MOD<移動物検知>機能付き)」を採用。車両のさまざまな情報を表示する「インテリジェントコントロールディスプレイ」には、新たにアイドリングストップ時間と節約した燃料の表示機能を追加した。

このほかにも、性能に関するところでは1.6リッターターボエンジン「MR16DDT」搭載車に改良を実施。触媒通過後のクリーンな排気を冷却し、ターボチャージャーの手前に循環させる「ロープレッシャークールドEGR」の採用をはじめ、各部の摩擦抵抗の低減や燃焼効率の向上などにより、燃費性能を「16GT」で14.2km/リッター(従来は13.0km/リッター)に、「16GT FOUR」で13.4km/リッター(同12.6km/リッター)に向上させた(JC08モード燃費)。トランスミッションには、7段マニュアルモード付きの「エクストロニックCVT-M7」を組み合わせている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15RS:173万7720円
・15RX:196万6680円
・15RXパーソナライゼーション:203万6880円
・15RXアーバンセレクション:221万5080円
・15RXアーバンセレクション パーソナライゼーション:228万5280円
・16GT:233万8200円
・16GTパーソナライゼーション:240万8400円
・16GT FOUR:260万8200円
・16GT FOURパーソナライゼーション:267万8400円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る