日産、今秋に「ジュークNISMO RS」を発売

2014.07.14 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO RS」
「日産ジュークNISMO RS」

日産、今秋に「ジュークNISMO RS」を発売

日産自動車は2014年7月14日、クロスオーバー車「ジューク」の高性能モデル「ジュークNISMO RS」を同年秋に発売すると発表した。

ジュークNISMO RSは、1.6リッター直噴ターボエンジン搭載車の「ジューク16GT FOUR」をベースとした新グレードで、2013年2月に登場した「ジュークNISMO」を上回る高性能モデルである。

パワーユニットにはECUセッティングの改良によって最高出力を向上させた同車専用の1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載。具体的な数値は明らかとなっていないが、日産は「クラス内(1.6リッターターボ車)量産車トップレベルの出力を実現する」としている。これに組み合わせるトランスミッションには、8段マニュアルモード付きエクストロニックCVTを採用する。

ブレーキも同車専用の仕様となっており、フロントのブレーキローター径を拡大したほか、リアのローターにはベンチレーテッドディスクを採用。キャリパーの性能やブレーキパッドの耐フェード性についても向上を図っている。

またボディーの全16カ所に補強を追加することで、車体剛性を4%強化。精緻でクイックなステアリングレスポンスとしっかりとした質感の高い乗り心地を実現するという。

このほかにも、日産とレカロ社が共同開発した専用スポーツシートを採用。「nismo RS」のロゴバッジや赤い塗装が施されたブレーキキャリパーなどにより、外観でも他のグレードとの差別化を図っている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る