ピレリが新スタッドレスタイヤを発表

2014.07.14 自動車ニュース
ピレリのアジア・パシフィック市場向けスタッドレスタイヤ「アイス・アシンメトリコ」。
ピレリのアジア・パシフィック市場向けスタッドレスタイヤ「アイス・アシンメトリコ」。

ピレリが新スタッドレスタイヤ「アイス・アシンメトリコ」を発表

ピレリジャパンは2014年7月14日、乗用車用向けスタッドレスタイヤの新製品「ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)」を、7月から順次発売すると発表した。ランフラット仕様も設定され、13インチから18インチまで計35サイズが用意される。

左右非対称のトレッドパターンが採用されている(右側が外側)。
左右非対称のトレッドパターンが採用されている(右側が外側)。

アイス・アシンメトリコの製品コンセプトは「パワーとコントロールを備えた新しいウインタータイヤ」というもの。アジア・パシフィック市場に向けて開発されており、正確なハンドリング性能を保ちながら、氷雪路面における安全性を強化するのが開発の狙いという。

具体的には、凍結路面でより均一な接地面を維持する「ソフトコアブロック」や、コーナリングでしっかりと踏ん張る「3Dバタフライサイプ」が採用されたほか、トレッド面の接地面圧を均等に保つためにレジンとシリカを化合させて柔軟性を維持する新技術「デュラ・フレキシィコンパウンド」が投入されている。

また、アシンメトリコ(イタリア語で「非対称の」という意)の名のとおり、Pゼロシリーズなどと同様にピレリ伝統の非対称パターンが用いられ、ハンドリング性能を向上させている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。