フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)

理想のベーシックカー 2014.07.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。

ぜひお手本にしてほしい

私にいわせればこれ、“軽乗用車の理想形”である。ちょっと前までは「フィアット・パンダ」(先代)のことをそう呼んでいたけれど、up!はもっとそれらしい。安価に作れて安価で売れることを重視して作られた、小型で軽便な実用車。それのちゃんとしたやつ。ボディーも走りもしっかりした、快適で安心感の高いちびグルマ。いまの軽自動車がインチキものだとはいわないけれど、up!ぐらいのレベルになることを目指してさらに頑張っていただけるとさらにうれしい。手近な北極星として、ちょうどいいと思う。黒船というよりは(笑)。

軽乗用車の理想形、的なものとしてup!を考えた場合にもしなにかモンダイがあるとするなら、それはトランスミッションであろう。シングルクラッチの、いわゆるAMT。オウトメイティド・マニュアル・トランスミッション。われわれのギョーカイでは“ガチャコン”などと呼んだりもする。モンダイというか、日本で数を売るにあたって引っ掛かりそうなところとして。ちなみに、フォルクスワーゲン呼称はたしか(笑)「ASG」。「DSG」の1万分の1ぐらいしか有名じゃない。でまた、フードを開けてエンジンのあたりを眺めるとMPI。マルチ・ポイント・インジェクションですか。シングルポイントじゃないのがジマンという(笑)。

「変速プログラムが新しくなってるそうですよ」と編集部ホッタ君。それ、具体的に、どこがどう? 「いや、そこまでは……」。そこまで聞いたら答えも教えてもらってこいや。ま、本国からの情報にも詳しいことは書いてなかったのかもしれない。とにかく、そういわれると気になるのが人情というもので。

2012年9月に日本導入が発表された「フォルクスワーゲンup!」。大きなマイナーチェンジこそまだないものの、逐次改良が加えられているという。
インパネの意匠はいたってシンプル。上級グレードの「high up!」では、ステアリングホイールやハンドブレーキグリップにレザーが用いられる。
シート表皮はファブリック。グレードやボディーカラーに応じて、数種類のカラーバリエーションが用意される。
リアシートは3ドア、5ドア共に2人掛け。乗車定員は4人となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
ホームへ戻る