第356回:大矢アキオ式、街角の「珍サイン」「迷サイン」コレクション

2014.07.18 エッセイ

誰でもわかる“サイン”が重要

ワールドカップブラジル大会終了に伴い、わが家は行きつけのディスカウントスーパーに急行した。便乗商品の格安残り物を手に入れるためだ。ハイエナのごとく物色すると、あったあった、ブラジル食品フェアの残り物が。

そのひとつ、冷凍スペアリブを調理しようとしたときのことだ。4カ国語で調理方法が書かれていて、そのひとつがイタリア語なのだが、肝心の「オーブンの予熱温度」「加熱時間」が書かれてない。スペイン語部分だけ妙に行数が多いので熟読すると、それらが記されているではないか。「予熱温度も加熱時間も、誰でもわかるピクトグラム(サイン)で表示しておいてくれれば、こんな苦労しないのに」とブツブツ言いながら、学生時代の英語学習のごとくボールペンで下線を引きながら読解した【写真1】。

街に出れば、観光シーズン真っ盛りの今、さまざまな国の言葉が飛び交っている。特に近年はボクになじみが薄い東欧系と思われる言葉を話す人が増えている。そうしたなか、どの国や地域の人にも瞬時に理解してもらえるサインは、ヨーロッパでより重要になってくるはずだ。

【写真1】ブラジル食品フェアの残り物だったスペアリブ。肝心のオーブンの予熱時間と加熱時間は、スペイン語部分にしか記されていなかった。
【写真1】ブラジル食品フェアの残り物だったスペアリブ。肝心のオーブンの予熱時間と加熱時間は、スペイン語部分にしか記されていなかった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。