プジョー2008プレミアム(FF/5AT)

イマドキのクロスオーバー 2014.07.25 試乗記 最近はやりのクロスオーバー市場に、新規参入したフレンチコンパクト「プジョー2008」。街中の一般道と高速道路で、その仕上がりを確かめた。

ちょっと元気に走らせたくなる

たいていの場合、ものごとにはナイスな側面とそうでない側面とがある。まず前者について書くなら、2008は「208」とあまりかけ離れていない。つまり大きさや重さにおいて。なので、直噴でもターボでもない排気量1.2リッターのエンジンでかったるくなく走る。またそうでありつつ、荷室はちゃんと208よりもたっぷりしている。サイズはコンパクトで、しかし最近はやりのクロスオーバーっぽい見た目になってもいる(当然ですね)。208と競争したら少し負けるだろうけれど、依然として燃費もいい。

回すと澄んだイイ音がする3気筒、というのも美点のひとつ。コドモの頃に2ストローク3気筒のガソリンエンジンの排気音を聴いて「スーパーカーみたいだ」と思ったことを思い出した。いまの実用エンジンらしく回転上限は知れているけれど、イヤな振動が出たりやかましくなったりしないので積極的に使いたくなる。いじめている感じがしないのがいい。トルクの上限が知れていることもあって、遠慮なく負荷や回転域を上げて使っても罪悪感を覚えない。

重心が高くなったことも関係あるのか、同じエンジンの208と比べて乗り心地は少しかもっとカタい。パーンと張りが強めな感じ。これがいわゆるネコアシなのかはアレとしても、フラットな感じはハッキリある。走りもそれなり。フツーに運転しているかぎり、カーブでもむしろロールは抑えメである……ような印象。ノンビリゆっくり走るよりは、少し元気が余っているぐらいでちょうどいいタイプかもしれない。どちらかというと。フツーのハッチバックのバージョン比。で、そこに関していうなら、フォードにおける「フィエスタ」と「エコスポーツ」の関係と同じ。

日本では2014年2月に販売が開始された「プジョー2008」。Bセグメントハッチバック車の「208」のコンポーネンツを用いて開発されたクロスオーバーモデルである。
日本では2014年2月に販売が開始された「プジョー2008」。Bセグメントハッチバック車の「208」のコンポーネンツを用いて開発されたクロスオーバーモデルである。
運転席まわりでは、小径のステアリングホイールと、ステアリングの上から確認するタイプのメーターが特徴。上級グレードの「シエロ」では、ダッシュボードにはレザーが採用される。
運転席まわりでは、小径のステアリングホイールと、ステアリングの上から確認するタイプのメーターが特徴。上級グレードの「シエロ」では、ダッシュボードにはレザーが採用される。
「プレミアム」のシートはファブリックとレザーを組み合わせたコンビタイプ。ボディーカラーに応じて、ブラウンとブラックの2色が用意されている。
「プレミアム」のシートはファブリックとレザーを組み合わせたコンビタイプ。ボディーカラーに応じて、ブラウンとブラックの2色が用意されている。
「プレミアム」の天井には暗所で光るイルミネーションを採用。一方「シエロ」にはパノラミックガラスルーフを装備している。
「プレミアム」の天井には暗所で光るイルミネーションを採用。一方「シエロ」にはパノラミックガラスルーフを装備している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る