アストンがV12ヴァンテージS ロードスター発表

2014.07.16 自動車ニュース
「アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスター」
「アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスター」
    拡大

アストン・マーティンが「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表

英アストン・マーティンは2014年7月16日、「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表した。

 

アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスターは、2013年5月に発表された「V12ヴァンテージS」のオープン仕様である。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4385×1865×1260mmで、全高が10mm高くなる以外はクーペと同じ。ルーフはデザインを損なわないソフトトップが採用され、開閉に要する時間は14秒。車両重量はクーペから80kg増しの1745kgとなっている。

エンジンはクーペと同様「AM28」と呼ばれる5.9リッターV12を搭載、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを発生する。トランスミッションには7段セミATの「スポーツシフトIII」が組み合わされ、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は323km/hという動力性能を発揮。”アストン・マーティン史上最速のオープンモデル”とうたわれる。

また「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3段階に減衰特性を調整できる「アダプティブ・ダンピング・システム」もクーペと同じく装備される。

販売開始は2014年末の予定。

(webCG)

関連キーワード:
V12ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが「V12ヴァンテージS」に7段MTを設定し、日本に導入すると発表した。シフトパターンには1速をHパターンの外(左下)に配置する「ドッグレッグ」レイアウトを採用。自動でエンジンの回転合わせを行う「AMSHIFT」を搭載している。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る