アストンがV12ヴァンテージS ロードスター発表

2014.07.16 自動車ニュース
「アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスター」

アストン・マーティンが「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表

英アストン・マーティンは2014年7月16日、「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表した。

 

アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスターは、2013年5月に発表された「V12ヴァンテージS」のオープン仕様である。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4385×1865×1260mmで、全高が10mm高くなる以外はクーペと同じ。ルーフはデザインを損なわないソフトトップが採用され、開閉に要する時間は14秒。車両重量はクーペから80kg増しの1745kgとなっている。

エンジンはクーペと同様「AM28」と呼ばれる5.9リッターV12を搭載、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを発生する。トランスミッションには7段セミATの「スポーツシフトIII」が組み合わされ、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は323km/hという動力性能を発揮。”アストン・マーティン史上最速のオープンモデル”とうたわれる。

また「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3段階に減衰特性を調整できる「アダプティブ・ダンピング・システム」もクーペと同じく装備される。

販売開始は2014年末の予定。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る