スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)

気持ちのいいスバル 2014.07.29 試乗記 日本を意識して開発したという、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」に試乗。「レガシィ」誕生から25年の節目に生まれた“新顔”の実力を、燃費とあわせて報告する。

レヴォーグ=ニッポンのレガシィ

「日本人の愛したレガシィツーリングワゴン」を復活させたのが、レヴォーグである。現行の5代目は米国育ちで、日本語が完璧ではない。デッカくてやさしくていいやつなのだが、いまひとつ日本の水になじまない。やっぱり日本人の日本人による日本人のためのレガシィが必要だ! といって作られたのがレヴォーグだ。

試乗したのは「1.6GT EyeSight」。借り出しの時、広報の人に聞くと、1.6リッターと2リッターがあるレヴォーグで最も受注が多いのは、このひとつ上の1.6GT-S EyeSightだという。Sの付かないGTは、18インチのタイヤが17インチになり、前後ディスクブレーキのローター径もひとまわり小さくなり、ダンパーがビルシュタインではなくKYBになるのが主な違い。3グレードある1.6リッターシリーズの真ん中だ。

スバルビル地下の駐車場で試乗車と対面する。1780mmあるボディー全幅は、今のレガシィツーリングワゴンと同じなのだが、全長は10cm短く、全高は5cm低い。といってもその程度の差しかない。
なのに、現行レガシィよりは明らかにコンパクトに見える。たぶんそれは大いにデザインのせいである。面が一枚でドーンと大きいレガシィに対して、レヴォーグはプレスラインが込み入っていて、小作りに見えるのである。ノーズなどはもう少しカタチがシンプルでもよかったように思うが、そのへんは好き好きか。

2013年11月の東京モーターショーでデビューした、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。翌2014年の6月20日に発売された。全長とホイールベースは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で、ともに10cm短くなっている。
2013年11月の東京モーターショーでデビューした、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。翌2014年の6月20日に発売された。全長とホイールベースは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で、ともに10cm短くなっている。
インテリアは、ピアノブラックのパネル類や、ソフトパッドをあしらったダッシュボードなどで、上質感が演出される。下端が平らなステアリングホイールも特徴的。
インテリアは、ピアノブラックのパネル類や、ソフトパッドをあしらったダッシュボードなどで、上質感が演出される。下端が平らなステアリングホイールも特徴的。
各種の車両情報を表示する、ダッシュボード上の4.3インチ「マルチファンクションディスプレイ」。操作スイッチは、画面より1段下にレイアウトされる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
各種の車両情報を表示する、ダッシュボード上の4.3インチ「マルチファンクションディスプレイ」。操作スイッチは、画面より1段下にレイアウトされる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)

ヘッドランプには、リアコンビランプと同様、“コの字”型の意匠が採用される。テスト車はさらに、LED4灯ロービーム/ハロゲンハイビームランプ/ウェルカムライティングのセットオプションを装着していた。


    ヘッドランプには、リアコンビランプと同様、“コの字”型の意匠が採用される。テスト車はさらに、LED4灯ロービーム/ハロゲンハイビームランプ/ウェルカムライティングのセットオプションを装着していた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る