スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)

気持ちのいいスバル 2014.07.29 試乗記 日本を意識して開発したという、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」に試乗。「レガシィ」誕生から25年の節目に生まれた“新顔”の実力を、燃費とあわせて報告する。

レヴォーグ=ニッポンのレガシィ

「日本人の愛したレガシィツーリングワゴン」を復活させたのが、レヴォーグである。現行の5代目は米国育ちで、日本語が完璧ではない。デッカくてやさしくていいやつなのだが、いまひとつ日本の水になじまない。やっぱり日本人の日本人による日本人のためのレガシィが必要だ! といって作られたのがレヴォーグだ。

試乗したのは「1.6GT EyeSight」。借り出しの時、広報の人に聞くと、1.6リッターと2リッターがあるレヴォーグで最も受注が多いのは、このひとつ上の1.6GT-S EyeSightだという。Sの付かないGTは、18インチのタイヤが17インチになり、前後ディスクブレーキのローター径もひとまわり小さくなり、ダンパーがビルシュタインではなくKYBになるのが主な違い。3グレードある1.6リッターシリーズの真ん中だ。

スバルビル地下の駐車場で試乗車と対面する。1780mmあるボディー全幅は、今のレガシィツーリングワゴンと同じなのだが、全長は10cm短く、全高は5cm低い。といってもその程度の差しかない。
なのに、現行レガシィよりは明らかにコンパクトに見える。たぶんそれは大いにデザインのせいである。面が一枚でドーンと大きいレガシィに対して、レヴォーグはプレスラインが込み入っていて、小作りに見えるのである。ノーズなどはもう少しカタチがシンプルでもよかったように思うが、そのへんは好き好きか。

2013年11月の東京モーターショーでデビューした、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。翌2014年の6月20日に発売された。全長とホイールベースは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で、ともに10cm短くなっている。
2013年11月の東京モーターショーでデビューした、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。翌2014年の6月20日に発売された。全長とホイールベースは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で、ともに10cm短くなっている。
インテリアは、ピアノブラックのパネル類や、ソフトパッドをあしらったダッシュボードなどで、上質感が演出される。下端が平らなステアリングホイールも特徴的。
インテリアは、ピアノブラックのパネル類や、ソフトパッドをあしらったダッシュボードなどで、上質感が演出される。下端が平らなステアリングホイールも特徴的。
各種の車両情報を表示する、ダッシュボード上の4.3インチ「マルチファンクションディスプレイ」。操作スイッチは、画面より1段下にレイアウトされる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
各種の車両情報を表示する、ダッシュボード上の4.3インチ「マルチファンクションディスプレイ」。操作スイッチは、画面より1段下にレイアウトされる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)

ヘッドランプには、リアコンビランプと同様、“コの字”型の意匠が採用される。テスト車はさらに、LED4灯ロービーム/ハロゲンハイビームランプ/ウェルカムライティングのセットオプションを装着していた。


    ヘッドランプには、リアコンビランプと同様、“コの字”型の意匠が採用される。テスト車はさらに、LED4灯ロービーム/ハロゲンハイビームランプ/ウェルカムライティングのセットオプションを装着していた。
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る