第249回:電動なのに運動ができる
ヤマハの最新電動アシスト自転車試乗会

2014.07.18 エッセイ

電動アシスト自転車というと、子どもの送り迎えにお母さんが乗るもの、というイメージを持っていたが、今回モデルチェンジした電動アシスト自転車のスポーティーモデル「PAS VIENTA5(パス ヴィエンタファイブ)」に試乗して、目からウロコがポロポロと落ちてしまった。
ストレートに言うと「とっても楽しい!」のだ。電動アシスト自転車が乗り物としてこんなに楽しいものだとは知らなかった。

ひとこぎで衝撃

今回の試乗会は、ヤマハの電動アシスト自転車「PASシリーズ」のうち、スポーティーモデルとされるヴィエンタ5と「Brace XL(ブレイス エックスエル)」がメインの試乗会だ。

ヴィエンタ5は、2011年に発売された先代がフルモデルチェンジを受けたもので、2014年7月18日に、ブレイスXLは従来型のマイナーチェンジモデルで、同年8月29日にそれぞれ販売が開始される。

私が電動アシスト自転車に乗ったのは、かれこれ10年以上前のことだ。
知人の家の前でちょっと乗らせてもらって「ふーん、これが電動アシスト自転車か、楽ちんね」と思ったくらいで、特に印象はなかった。
ただ、その後電動アシスト自転車に対する規制が緩和され、アシストの量が増やされている。
具体的には、初期の電動アシスト自転車は踏む力1に対して1のアシスト(つまり踏んだのと同じ力でアシストされる)、アシストの最高速度は15km/hまでと規制されていたのだが、2008年12月からは10km/hまで最大アシスト量が1:2、10km/hを超えると徐々にアシスト量が減り24km/hでゼロになるという規制になっている。

このアシスト量1:2という数字が、実際どれくらいのパワーなのか、まずはよりスポーティーなブレイスXLに試乗して確かめてみよう……とサドルをまたぎ最初のひとこぎで、「こりゃすごい!」と驚いた。

「ヤマハPAS ヴィエンタ5」
「ヤマハPAS ヴィエンタ5」
「ヤマハPAS ブレイスXL」
「ヤマハPAS ブレイスXL」
アシストに使用されるモーターは、両車とも定格出力240WのブラシレスDCモーター。「ブレイスXL」に搭載されるリチウムイオンバッテリーは容量12.8Ahで、充電時間は急速充電で約3.5時間。
アシストに使用されるモーターは、両車とも定格出力240WのブラシレスDCモーター。「ブレイスXL」に搭載されるリチウムイオンバッテリーは容量12.8Ahで、充電時間は急速充電で約3.5時間。
参考展示されていた「ブレイスXL」のカスタマイズモデル。
参考展示されていた「ブレイスXL」のカスタマイズモデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ